スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はじめまして、こんにちは

ちょっと廃墟ブログなるものをやってみる

目的
・自己顕示とかいままでの探索の集大成として
・物件情報交換、情報収集もかねて
・そのうち合同探索もしたい

半年は続ける予定
毎週日曜更新予定
スポンサーサイト

管理されている物件の情報

*廃墟ではありません、管理されています*
もちろん私も侵入してません(外観の写真だけ撮りました)
管理物件なので当然内部写真は見た事ありませんが、何か情報ありましたらコメント欄にご連絡ください。
掲載に関する苦情がある場合もコメント欄におねがいします

ホテル漁港(仮称)
jyouhou006.jpg
これも伊豆、漁港にあるからホテル漁港(安易な愛称)。客室は50室程度、新しすぎて気がひけました。
漁港へのアクセスのよさと漁港ビューがこのホテルのウリ?
なんでこんな交通の便が悪い所にこんな大きな物件が・・・
自動車以外でのアクセスはバスで山越え1時間もしくは船。


奥様荘(仮称)
jyouhou002.jpg
東京都にある大きめの旅館、しかも場所は奥まっていてかなり雰囲気が良い。

jyouhou003.jpg
と思ったらコレ・・・
ネットにほとんど情報ないわけだ(以前は入れたらしいです)



<雑感>
自分はなぜか巨大ホテルに惹かれてしまいます。
巨大で人がたくさんいるはずの場所なのに自分しかいない、
そんなギャップが好きなのかもしれません。
山奥にひっそりとある旅館も好きです。今は亡き紅葉園みたいな。

自分にとって去年最も残念なニュースは宮崎県の青島にあった橘ホテルの解体でした。
潜入するチャンスはわずかにあったのに、結局行けなかったのが本当に悔しいですね。
MIXIで写真だけは見られましたが、黒猫と廃墟というのが素晴らしかったです。

残存記事公開と完結

日付はこの記事を先頭に表示するための未来時間になっております


埼玉もかなり揺れましたがそんなのどうでもいい程度です。
それがあんな恐ろしい災害になるとは、思いもよりませんでした。
今でも信じられないというか、無かったことにして欲しいです。
でも、これから何が起ころうとも、しっかりと生きたいと思いました。
後悔しないように。


当ブログはひとまずのところこれで完結です。
こんなご時世だからいつ終わるか、死ぬかわからないし、
とりあえず残っていた記事だけは更新しておきます。(某宮の後編、油壺、爽快)
もし楽しんでもらえれば、うれしいです。
写真とか廃れ方よりも「探検の楽しさ」に重点を置いてきたつもりでした。
自分も一応満足できました。皆様ありがとうございました。


原発の災害中ですので、何をやっても虚しく感じますね。
廃墟で虚しさを感じるのは好きでしたけど、
ここまでの虚しさや脱力感なんて望んでないです。当たり前ですが。
いつか安心して、また以前みたいに心の底から笑ったり喜んだりしたいものですね。

正体不明

現実というものがあまりにも不愉快で過酷すぎる

だけど、現実に文句を言って、唾を吐きかけても、現実は常に目の前にある

ちょっと気晴らし

廃墟に現実逃避

そこは夢の中

お手軽に充実感とスリルが味わえる自分たちだけの楽園

だけど所詮夢、幻、無意味、無駄

自分も今の日本や今の自分の状況、という現実にしっかり向き合ってなんとか

幸せに生きれたらと、強く思う。



某所、自分と同年齢の客室180室巨大ホテルにて。

kyodai05.jpg
ドアが変ですね、錯視?

kyodai06.jpg
壁のしみが気になりますが、

それ以上に気になるのがひとつだけあります

kyodai01.jpg
これです。
厨房のカウンターの壁にひっついてました
何だろう?

kyodai03.jpg
触ったらある程度の硬さはありました
もし、強くたたいたら壊れそうでしたので、壊さないように感触を確かめました
ちょっと大き目の卓球玉が張り付いているみたいな感触でした
写真からひび割れているのがわかりますね

kyodai02.jpg
ここで怪生物でも発生したのか?

真面目に考えて、

粘着質のお菓子みたいなものを壁に投げつけてそのまま残ったのだろうか?
丸いバターみたいなものの塊をぶつけて、それがそのまま乾燥したのだろうか?
それにしても不自然すぎて説明ができません。
厨房は整然としていて他に荒らされた箇所はありませんでした。
厨房や宴会場の整然さに比べると事務所はかなりとっちらかってましたが。


これの正体がわからず悩んでいたら、ついには夢にまで出てきたこともありました。

だれか、これの正体がわかる人は教えてください。お願いします。

テーマ : 廃墟系
ジャンル : 写真

僕は新世界の神となる

怪しい花粉が吹き荒れる中いかがお過ごしでしょうか?
自分は旅から帰宅しますた。
よって、ぼちぼち更新再開です。
なんと、毎日更新します!

・・・


     *      * やっぱり
  *     +  うそです
     n ∧_∧ n
 + (ヨ(* ´∀`)E)
      Y     Y    *

エイプリルフールだからこそ何を宣言してもいいという安心感がありますね。
一応、毎週更新くらいできるかな。

それと、青春18きっぷがあと2回も残っててヤバイ。
利用状況はだいたいこんなもん↓

今までの使用状況と通常鈍行利用時に比べての利得
1.自宅-横須賀往復 (得)500円
2.自宅-大阪     (得)6500円
3.名古屋-自宅   (得)4000円 途中下車観光 掛川 静岡

*自宅は埼玉の大宮近辺です

実は初めて使ったのですが、得しようとすると遠くまで行かなけりゃならないし、
そうすると一日が移動だけで終わるし、使い方が結構難しいと思いました。
今思えば、大阪-金沢(彦根途中下車) 金沢-名古屋で使い切るべきだったような気もします・・・
まあ言ってても仕方ないから適当に2泊ぐらいでどこか観光してきます。

あと、押されるスタンプによっては、切符入れや札入れがインクで汚れてしまうので、注意が必要です

ゴーストタウンこの後すぐ

昨年は結構旅行している事が多かったです。自分としても激動の年になったのでしょう。いや、大切なのはこれから。
とにかく、行きたかった廃墟にも行けて、もうやることもあまりなさげ。

ryoko01.jpg
大阪、白骨遺体が発見された廃墟、まだあった・・・
侵入はあまりに目立ちすぎるので不可

ryoko04.jpg
その近くにあるフェステバルゲートは解体中だった。

ryoko02.jpg
大金かけて作ったのに、もったいないね。

ryoko08.jpg
わざわざ通天閣から望遠鏡で廃墟見学する人も、たまにはいますね・・・

ryoko03.jpg
大阪好きかも。すっきゃねん大阪。
同じ場所に何日か滞在してました。
お好み焼き、たこ焼き、ホルモン、など食い倒れてたね。

ryoko05.jpg
奈良の平城京跡。
遺跡があるだけで、それほど見所は無いけど、少しは復元されてきている。
この広大さは中国の真似してただけあって中国っぽいです。

ryoko07.jpg
掛川城
木造で復興された天守だけでなく御殿も見所が多いのでお勧め

ryoko06.jpg
近くにあった図書館跡
掛川では古い建物が多数目についた。

旅ブログではないので、このくらいで。
さすがにそろそろ更新するけど、どうなるんだあのゴーストタウンは・・・大丈夫か?

合同探索報告

monte01.jpg

知名度は高くないが、素晴らしいお洒落廃墟ホテルを探索
あと面白いB級スポットも発見、デカくて変な恐竜がありました。

そのうちおちもんさんのブログ支店タカハシで公開されるはずです(1年後くらいに?)

monte02.jpg
廃墟ではなく帰りに寄った骨董屋、この雑然としつつも整然としている感じが良い。
「ごちゃごちゃ、だけどきれい」みたいな感じ。


とにかく、
事前情報がない場合探索できないことが多いので、全ての物件の探索に成功してよかったです。
あと、体力切れにならないように日ごろから運動して体を鍛えておいたほうがいいと思いました。

テーマ : 廃墟系
ジャンル : 写真

年末廃墟旅行

今年は合同探索が充実した一年でした。
合同探索していただいた皆様方には大変お世話になり、ありがとうございました。
いろいろ楽しかったです。また行きましょう。


<年末廃墟旅行報告>
年の暮れに相互リンク先の雪村さんと山梨方面に一泊旅行してきました。

初日は酷く疲れました。腹壊しててトイレに4回行ったし、
寝不足とかいろいろと体調不良が重なったのが悪かったのでしょう。

goudou202.jpg
J学園、相変わらず雰囲気が良い

goudou302.jpg
前回訪問した頃(2009年12月)に発行された漫画があった
どうやら住んでいたみたい(今はいないのかな?)
それにしてもあれからもう3年も経つのか・・・

goudou203.jpg
なんて信じられない・・・
Everybody finds love in the end

goudou205.jpg
またワンピ
落書きもここまでくるとアートの領域へ
M美術館と呼ばれるこの物件、残留物もほとんどないし、これでいい

goudou204.jpg
お前も、それでいい

goudou206.jpg
この壁に生えたキノコが凄すぎる!この物件の見所は多分これだけだが(笑)

goudou207.jpg
あとビールだけ自販機ぐらいか

2日目は意外や意外。体力がかなり余ってしまいました。
不思議と超回復した。自分でもびっくりするぐらいの回復。
インドチキンカレーを食べて、9時間ぐらいしっかりと眠ったのが良かったらしい。
あれは最高の晩飯でした。宿はちょっとあちこち寒かった。風呂とかトイレとか。
goudou208.jpg

goudou210.jpg
有名心霊物件、裏の従業員寮見なかったのは残念。
ビビリすぎた・・・こんな僻地なのに車通り多いんですよね。

goudou211.jpg
触ったら死ぬ(うそ
あのピアノは逆さになってたよ・・・

紅葉園跡地、は辿り着けなかった・・・
いや、昨日の失敗からパワーセーブモードに入ってしまって・・・あんまり歩きたくないなって。
同行者とはぐれたからさっさと車に戻ってた。
しかも坂道で氷に乗ってツルっと逝くし、普通あんなアホなコケ方するか?
凍ってる場所なんてごく一部なのに。ピアノ触った呪い即効発動か?
ツンパが濡れたわー。

goudou212.jpg
華麗なる一族はやっぱり華麗でした。木が倒れてきててかなりぶっ壊れてたけど。
一階の床もやばい。あとくだらん落書きがなー、しょうもね。

goudou301.jpg
日本BE、キチガイ部屋で有名。ここ知ったのって8年くらい前だと思うけど、意外に初訪問
あの頃とはまるで違う状況、荒れ果てすぎて軽く遺跡っぽくなってました。


goudou209.jpg
それでは皆様、良いお年を。

過去記事の再掲

今は時間があり、意欲もわいたので週1、2回更新できそうです。(多分3月ごろまで)

とりあえず、とある集まりで少し話題になったので参考までに期間限定で再掲。

妖怪ホテル1
妖怪ホテル2
妖怪ホテル3
妖怪ホテル4

youkai66608.jpg

知名度の低い場所、管理されてそうな場所を掲載してもいいのか?
晒すことに意味はあるのか?参考になるのか?
そんな議論をしたような(してないか・・・)

youkai66606.jpg

自分もどこかのサイトに影響を受けて「行きたい」と思ったわけで、
そのサイトが無ければ、この場所を知る事もありませんでした。
それならばやはり公開してくれた方に感謝すべきなのでしょうね。多分。
ただ、有名になると荒らされやすくなることが多いのも事実。
知らない場所は知りたいが、知ってる場所はもうこれ以上晒されたくないというジレンマ。
自分も荒らされるの望みませんし、管理されているならトラブルは避けたいです。

youkai66607.jpg
気に入った場所ではあるのですが、結構遠いので2度しか行ってません

youkai66605.jpg
廃墟としてはいい雰囲気と言えるが、この部屋の空気はなにか重く感じました

youkai66604.jpg
・・・
家に帰ってから写真を見たら、この岩が・・・
かなりハッキリと髑髏(どくろ、しゃれこうべ)がこっちを見ているように見える(コッチミンナ コッチミンナ コッチミンナ
気のせいか・・・
だが何か不安感がある・・・
ブログに載せる事も危ないか・・・

廃墟としては面白い部屋ですが、あまり利用したくない部屋だなという感じがしました

youkai66609.jpg

youkai66602.jpg

神社

teng02.jpg
草むらを進みました

teng06.jpg
源泉?

teng01.jpg
文政?よく読めません
源泉は19世紀前半に発見されたという話がありますが、
この碑がその当時(200年前)のものかどうかはわかりません

teng07.jpg
戸締りはしっかりしてるようです
崩壊したところの窓から入れそうでしたが崩れたら嫌だし・・・

teng05.jpg
神社

teng04.jpg

3周年

当ブログも2010年に始めてから今日で丁度3年になります。
当初は毎週更新だったはずなのですが、途中で休止したり、
不定期更新にしたりして、あまり更新しなくなりましたね(^_^;
しばらくはこのペースのままでゆったりと気が向いた時に更新していきますので、
これからもよろしくお願いします。

六年間の修行

ブログは3周年だけど、本格的に廃墟行き始めてから6年くらい。

six.jpg
都内某所

あの時はわけわからんかったなぁ。何で行こうと思ったんだろうね?
それもよりによって、あんな廃墟にね。いろいろと怖すぎた。
初心者は場所をしっかりと選んだ方がいいだろうに

と、しみじみと振り返ってないで、そろそろ更新したいところ。

廃墟讃歌 廃道ビヨンド Obroad Beyond

ヨッキれんさん
廃墟讃歌 廃道ビヨンド Obroad Beyond
発売おめでとうございます!!


さて、当ブログもそろそろ久しぶりに更新します。
そういえば、最近全然廃道歩いてないな・・・

テーマ : 廃墟系
ジャンル : 写真

堤第一ビル解体工事開始

ツイッターとかで話題になっている新橋の堤第一ビルを6月28日(土)に見てきました
解体工事の下準備として囲いを作り始めていました
いよいよ動き出したようです

tsutsumi05.jpg
正面
業者の車が停まってます

tsutsumi06.jpg
斜め45度
大正時代に建てられたRC造のビルで築90年以上

tsutsumi02.jpg
路地に入って一枚
解体工事の準備が進んでいます

tsutsumi01.jpg
上もボロいです

tsutsumi03.jpg
さらに進んでビルの裏側
廃趣味者的にはここが一番味がある場所かと

tsutsumi04.jpg

雨が降っていて撮るのが面倒です

飯食ってもう一度見に行ったら、鉄パイプを組んで囲いを作っていました
もうそろそろ見られなくなるかもしれません・・・

この後寄った銀座の三原橋センターも建物はまだありましたが業者が来ており、
あと半月ほどで工事完了するようです。

自分は今までこういうのにあまり興味なかったはずですが、
最初に行った物件はこれと似ていて、都内で1Fに蕎麦屋があったのを思い出しました。

今世紀に入って、街の新陳代謝が激しくなった気がします。
ただでさえ耐用年数を過ぎて老朽化してきていたのに、
さらに震災と東京オリンピック開催が追い風になってますから。
近代建築趣味者はいろいろと早めに行っておいた方がいいのではないかと思います。

tsutsumi07.jpg

テーマ : 廃墟系
ジャンル : 写真

九龍城砦特集

九龍城砦まとめ

九龍城砦が解体されたのは20年も前の話
それだけの時間が経ちインターネット上の記録すらも消え去ろうとしている
しかし今でもあの混沌たる場所は見る人を魅了し、虜にする謎の力がある

WEBサイト

ウォール・ストリート・ジャーナルの特集
  解体20年を期に特集記事が書かれた

クーロンズカフェ
  九年前にお亡くなりになった大図解九龍城の著者代表、鈴木隆行氏
  消失してしまった歴史的価値がある貴重なサイトをアーカイブから発掘

Internet九龍城砦
  クーロンズカフェと同じ方
  これも消失していたのを発掘したのでリンク切れは多い



WEB九龍城砦

九龍城砦潜入

最期の九龍城砦
  中村 晋太郎氏の写真集『最期の九龍城砦』の紹介

GREG_GIRARD
  書籍『九龍城探訪』の著者であるグレッグ・ジラード氏

「東洋の魔窟」九龍城砦探検記
かつて九龍城砦に住み、書籍『九龍城探訪 魔窟で暮らす人々』を監修した吉田一郎氏

動画

ドイツで製作されたドキュメンタリー番組(英語字幕付き)

クーロンズ・ゲート JPEGダンジョン集
  九龍城砦の雰囲気をさらに怪しく奇妙にして表現したゲーム『クーロンズゲート』
  ゲームは謎解きがやっかいなので、動画で雰囲気を味わうのがお薦め


その他

ウェアハウス川崎店 
  かつての九龍城砦が精巧に再現されている
  製作したのは星野組
  彼らが手がけた場所に行ってみるのも面白そうだ


廃合の日

8月15日
廃校の日
生徒の少なくなった学校は統廃合により廃校となる
それは終わりであるが、生徒達にとっては新たな生活の始まりの日でもある

haigo0007.jpg
廃校から8年弱
まだ使えそうだが、少し汚れてきている

haigo0006.jpg
無意識でも女子トイレを撮影

haigo0004.jpg
ここの売りは理科室
残留物が多い

haigo0003.jpg
もしかしたら薬品類は盗まれたのかもしれない

haigo0002.jpg
人体模型があればいいのに・・・

haigo0001.jpg
グロいけど、あると嬉しいホルマリン漬けの生物標本

haigo0005.jpg
標本は結構たくさんある
右上にあるのはもしかしたら人体模型の一部かな?


一応、復活
来年くらいまで更新を続ける予定です
新しい物件は探索中もおっかなびっくり、
ブログにUPするとさらにストレスになってしまうのであまりお勧めできません

では、また来週

ハコネハズレ旅

今日は妹の日らしい。カーナビが言ってました。
言わずと知れた「九龍の日」なので、没ネタでも晒しておきます。

botsuneta0002.jpg
熱海の別荘
通電していたので外観のみ

botsuneta0001.jpg
あまり痛んでないけど、建物自体は30年前くらいに建てられていそうな古い様式です

botsuneta0003.jpg
せっかく発見したのに残念な気分で退去

botsuneta0004.jpg
熱海の風雲文庫、廃墟ではなく良質なB級スポット
展示物の歴史的に貴重な品々は見ごたえがあります (本物なのだろうか・・・?)

botsuneta0005.jpg
3年ぶりに華麗なる一族
今回も前回訪問時と同じ方と一緒に来てます

botsuneta0006.jpg
これほどまで酷く荒れ果ててはいなかったのに・・・

botsuneta0007.jpg
華麗なる崩壊
意外と絵になる光景、机が斜めになってるところが好き
でも、もう落ちちゃったかも・・・

botsuneta0008.jpg
入れると聞いた場所が更地、どころか新しい家が建っちゃってるとどんな顔していいかわからない
「笑えばーいいと思うよ!」

botsuneta003.jpg
仙石原から離れて強羅方面へ
昔からある保養所のひとつ

botsuneta002.jpg
なぜか入れず呆然
以前、簡単に入った記憶があったのですが、記憶違いか・・・
(A銀行 保養所 廃墟 で調べたら内部写真載せてる人がいたので戸締りされたようです)

botsuneta001.jpg
ただこの椅子だけは九年前と変わらない姿のままで出迎えてくれました(^~^;)

botsuneta0009.jpg
ここもまたまた入れないので外から撮影
他にもウェルテル俵石も現在は「ネストイン箱根 俵石閣」として2016年7月下旬に再オープン
今回はほとんど外観撮影旅行になってます(しかも外観すら撮り忘れてる気が・・・)

botsuneta0010.jpg
草むらの中に鎮座している古そうな石仏
不思議なことに近くに行く道はみつかりません

botsuneta0011.jpg
ハズレばっかりだともう猫を撮るしか救いがありません
ハコネコとまた新しい日常へ戻ることにします

テーマ : 廃墟系
ジャンル : 写真

プロフィール

HiRo

Author:HiRo
ハぃキょばっヵィッてるトこンなヵヲになりますょマヂデ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。