無明彷徨

mumyou007.jpg


そして無にもなれずに無明を彷徨う歪んだ肉細工
(さよならを教えて より)


mumyou001.jpg

ここはどこなんだろう・・・

mumyou005.jpg

気づいたら迷い込んじまってた・・・

mumyou009.jpg

そこは深くて深く、ただひたすら暗くて暗い・・・

mumyou010.jpg

そんな闇の底だった・・・

mumyou069.jpg

俺は多分、こんなこと望んですらいなかったはずなのにな・・・
良くない方向に進んでいるってなんとなくわかっていたはずなのにな・・・

mumyou070.jpg

足元をしっかり照らし、この階段を降りれば苦しみから逃れられる?・・・

mumyou068.jpg

降りちゃいかんな・・・上を見なきゃ・・・頑張らなきゃな・・・
でも結構簡単にどこに行けばいいのかわからなくなっちまうもんなんだな・・・

mumyou067.jpg

ここはさっき通った?それとも?
わからない・・・

mumyou055.jpg

非常口なんてどこにも無かったよ、知ってた?

mumyou013.jpg

あるのは闇と不安だけ・・・

mumyou050.jpg

闇の中を長い間彷徨い歩いてると疑心暗鬼を生じる
もはや矢印すらも素直には信じられない・・・

mumyou056.jpg

禁止もただ空しいだけ・・・

mumyou071.jpg

上も下も今となってはもうわからない・・・

mumyou065.jpg

なにがなにやら・・・ね

mumyou064.jpg

何もかもがうまくいってたあの時まで戻れればな・・・

mumyou051.jpg

そうもいかんよな・・・


でも、ひょっとしたら

mumyou032.jpg

脱出方法は思ってるより簡単で

mumyou030.jpg

ほんのわずかでも明るい方に

mumyou057.jpg

光を求めて進めばいいだけなのかもしれない

テーマ : 廃墟系
ジャンル : 写真

虚夢城砦

さかのぼる事数時間前

chaos005.jpg
無明を彷徨うこととなったきっかけは今となっては覚えていない

chaos006.jpg
いつの間にか、行く当ても無く

chaos008.jpg
矢印に抗っていた

chaos013.jpg
同じようなドアがやたらとありやがる
そしていつも堂々巡り

chaos007.jpg
足元が危うかったんだと気づくのはいつも落ちてから

chaos012.jpg
一歩前へ出る勇気をください
それ以上いけない

chaos009.jpg
ここはどうかな

chaos010.jpg
諦めざるを得ない状況に陥らざるを得ない運命

chaos004.jpg
やっと上に上がる事が希望と思えたのだが

chaos016.jpg
一生懸命上がってたはずなのになぜかいつの間にか下っている

chaos017.jpg
降りてみたら案の定、混沌たる住居
ここはどこ?

chaos018.jpg
数百のオーブ
ここは現実?

chaos019.jpg
それとも夢?

chaos020.jpg
まるで雪が降っているようだ

chaos021.jpg
ところどころで歌舞伎人形が踊っている
賑やかさに心も和む

chaos022.jpg
降りてきて右方の暗がりを見た
暗がりの先になにがあるかなんてわかるわけない

chaos023.jpg
火気厳禁の先だろう

chaos024.jpg
これは振り返り
あの階段から下りてきたってわかる
さっきの写真は左見てたのか?さっきのさっきのさっきくらい昔のこと

しかしあんなところに達磨が並んでたとはね
大切な事は通り過ぎて振り返るまでわからないものなんだな・・・

達磨の右下にいる茶色く手招きしてる奴は「骸(むくろ)」
冒険者の成れの果て 俺の友人 悪い奴じゃないよ

chaos025.jpg
振り返ってようやくわかる非常さをハイライトしてくれる

chaos026.jpg
狭いように見えて広いように見えて狭い
あっちはさっきいったはずだ(無根拠な憶測)

chaos027.jpg
階段から正面に進んでいく

chaos029.jpg
筒をみると覗き込まずにはいられない
(手前の黒いブツは修正された俺の影)

chaos030.jpg
今まで来た道を振り返るけど
既にそれらは手の届かない暗闇の中

chaos031.jpg
日本九龍城砦探索夢日記もそろそろ終わり

chaos032.jpg
そこにはただ暗がりの中で人々が生活していた痕跡のみが

chaos033.jpg
しっかりと残されていた

chaos028.jpg

テーマ : 廃墟系
ジャンル : 写真

EX-log:廃棄階層

夢の続き?

mumyou058.jpg
mumyou048.jpg
mumyou047.jpg
mumyou014.jpg
mumyou024.jpg
mumyou026.jpg

mumyou029.jpg


mumyou042.jpg

mumyou025.jpg

haiki006.jpg
空って、何だ

テーマ : 廃墟系
ジャンル : 写真

補遺-無明回廊

haiki003.jpg

haiki002.jpg

haiki001.jpg
初回訪問はこのお面がカメラ向けれないほどに怖かった・・・何故だろうね
(でもどっかで見たと思ったら某有名廃墟サイトのバーベキューハウスだった)

haiki005.jpg
haiki011.jpg
ここで落ちかけたんだったな、板が5センチくらいしなって「これは逝ったか!」と思ったけど、
なんとか持ちこたえてくれて助かった。判断ミスで穴に近づきすぎた。
(といってもひとつ前の写真は再訪時だから穴がふさがれている?みたいだった)

haiki010.jpg
上の穴程度なら落ちてもせいぜい大怪我で済むけど、これは確実に死だな(さてここは何階でしょう?)

haiki009.jpg
ただひたすら不気味な雰囲気だった

haiki008.jpg
ここも恐怖で初回は探索できず
半年後くらいに探索した(懲りない)

haiki007.jpg
病院?


<注意>
地下にある電気設備は現役なので注意してください
配電盤高圧充電中などが稼動中の設備です(他の旅館に配電している?もしくは温泉の配湯用の電源?)
いじくりまわすと警察沙汰になったり、ヘタすりゃ死にますよ

廃墟と思って近づいた駒ヶ岳の時もそうでした。安易にケーブルにぶら下がったら危なかった・・・
廃墟でも通電している場合が結構あるので、電気設備は安易に触らないようにしましょう

あと、一度荒らされて、大改造されていたので、管理者はいます
地下の配電盤(電気メーター)に検針にくる人もいるかもしれません

かなり好きな廃墟なんですけど、そろそろ厳しくなるかもしれませんね
荒らされて、対策されましたからね
遊ぶにしても管理者や同じ趣味の人の事も考えて、こっそりと誰にも気づかれず
迷惑かけずに遊んで欲しいものです


廃業 2000ごろ
探索 2009春過ぎ
規模 客室80室程度の建て増し巨大迷宮
特徴 金庫、カビ部屋、地下、鹿、などなど

劇的大改造

同じようなアングルが偶然取れてますが昨年春と今年の初めに訪問したものです
(*私が破壊したわけではありません)


ここは荒らされた後、管理人により手が加えられました。
(管理者でなければここまで大規模な改造はできないことより推測)
改装後は通路は布団や大きな食器棚や家具で塞がれ、扉は針金で縛られたりしています。
再訪なのに探索に手間取りました。

B=ビフォー  A=アフター

B
befoaf005.jpgガラスは

A
befoaf010.jpg割られ

B
befoaf002.jpg河童君は

A
befoaf009.jpg数名死亡

A
befoaf008.jpg死と書いてある?

A
befoaf013.jpgここは鏡も河童もセーフ

B
befoaf006.jpgここは食堂の準備・控え室

A
befoaf015.jpg何故に閉鎖?

B
befoaf007.jpgフロントには

A
befoaf001.jpg国旗があった

A
befoaf016.jpgこれは塩です(多分)

A
befoaf017.jpgこの絵怖いよね(写真の向きかえるの忘れたけど面倒だからこれで)

お久しぶりのカビ部屋

やたらとデカイ写真貼ってみた
画像を名前をつけて保存すると全体が見られるぞ!

持ち帰って壁紙としてお使いください(^u^)
ki01.jpg

ki09.jpg
ここらへんはいつも通り

ki07.jpg

ki06.jpg
穴が大きくなっていて落ちたら一瞬で5階行き

ki08.jpg
ここは6階ね

ki10.jpg
怖いね

久しぶりのカビ部屋はかなり崩壊して足元が危うかった

ki05.jpg
カビが凄すぎて肺をやられそうだ

ki03.jpg
カビは恐ろしい

ki04.jpg
これが一番強烈だった
もう笑顔で綿菓子を食べられない!

ki02.jpg
これぞ廃墟って感じなんだろうけど
とんでもねー
プロフィール

HiRo

Author:HiRo
ハぃキょばっヵィッてるトこンなヵヲになりますょマヂデ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR