スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【廃道】国道135号旧道 トモロ岬(前編)

♪涙の数だっけ、強くなれるよっ!

というわけで、今日は夏向け?海沿いの廃道に向かいます。
ジャングル状態で夏は探索が大変なようですが、一応肝試しスポットもあるようです。

駅から徒歩15分くらい。
こんなに駅の近くに地震でがけ崩れが起き通行不能になった国道が眠っています。

伊豆大島近海地震(いずおおしまきんかいじしん)は、1978年(昭和53年)1月14日午後0時24分39秒、
伊豆大島西岸沖約15km(北緯34度46分、東経139度15分)を震源として発生した。マグニチュードは7.0。
Wikipediaより引用

tomorrow03.jpg
稲取駅方面を振り返り見ると右側には伊豆急行線
あの建物も小さめの廃ホテルなんだけど再訪時には解体済みでした
廃墟はあっという間に跡形も無く消えてしまう

tomorrow01.jpg
だから精一杯遊びましょう!

tomorrow02.jpg
さて、廃道の入り口に到着
2月、真冬なのに伊豆の緑は濃い

tomorrow04.jpg
ここで何か事件でもあったのでしょうか?

tomorrow05.jpg
いきなり不吉だが気にしないで進みます

tomorrow06.jpg
地面の土が崩れて、ガードレールがこんなに宙に浮いています
こういう非日常性が廃道の魅力でしょう

tomorrow12.jpg
しばらく進んで左側には謎の入り口が

tomorrow11.jpg
なんなんだぁ!ここはぁ!!!!

第四集水池」って書いてありますけどね(^~^;

tomorrow07.jpg
地震の傷跡
崩落は大丈夫でしょうか?

tomorrow10.jpg
先はホール状になっていて

tomorrow09.jpg
下りる階段があります
錆びていて折れるらしいから注意

tomorrow08.jpg
偶然横を撮ったらこんな・・・
自分の顔の20センチのところにこんな奴らが蠢いていたのに、気付かないとは
危なかった・・・
肉眼で確認したらびっくりして頭ぶつけていたかもしれませんね
ホールの中にもゲジゲジが結構いるので、入らなくて良かった


なんと遺構調査機構の藤本さんが水路隧道の終着点まで探索されたようです
該当ページ
臨場感満点の動画も素晴らしい
自分はゲジゲジが嫌で進めませんでした
奥は閉塞しており、息苦しそうですね



今月中はこの記事を続けます。
次回、土砂で半分埋もれた廃トンネルが登場!
スポンサーサイト

テーマ : 廃墟系
ジャンル : 写真

【廃道】国道135号旧道 トモロ岬(中編)

tomorrow13.jpg
ここは釣りの穴場でもあるらしいので、整備してくれている方もいるのでしょう

tomorrow14.jpg
波の音を聞きながら、潮風に吹かれながらの探索
楽しすぎる

遠くに見えているのがトモロ岬です


tomorrow15.jpg
擁壁が埋もれています
圧倒的な自然の力を感じます

tomorrow16.jpg
既にトンネル内
斜面をズザーッと降下してきたので、写真撮ってる場合じゃなかったYo

tomorrow17.jpg
なんとこのトンネル内には、がけ崩れによってトンネルの両側が通行できなくなり、
この場に取り残されてしまった廃車があります
「スズキ フロンテ7-S」1976年発売 2スト 排気量443CC 26馬力 65万円
スペックは他の方のブログより引用させていただきました

tomorrow18.jpg
潮風で腐食してしまいもはや原型を留めておりません

tomorrow20.jpg

tomorrow19.jpg


tomorrow21.jpg
さて、トンネルを出ましょう
こちら側もかなりのジャングル

tomorrow22.jpg


tomorrow23.jpg
こんな開けた場所に出ました

tomorrow24.jpg
まさに国道
地面のアスファルトも見えてます

tomorrow25.jpg
ミラーもあります

tomorrow26.jpg
この変化が楽しい

tomorrow27.jpg
しっかりと残っているのがまた嬉しい


後編につづく

テーマ : 廃墟系
ジャンル : 写真

【廃道】国道135号旧道 トモロ岬(後編)

tomorrow28.jpg
道の途中で海岸に下りる階段見つけました
何故こんなところに階段?

tomorrow29.jpg
途中から階段はなくなります
その代わりこれは釣り人が用意したのでしょうか?ロープが張られています

tomorrow30.jpg
もう少しで着く

tomorrow31.jpg
あと少し

tomorrow32.jpg
でも最後の最後で諦めました
急だったので・・・

tomorrow34.jpg
仕方ないので旧国道に戻ってひたすら進みます

tomorrow39.jpg
何よりも来たかったのはここ

tomorrow41.jpg
ドヤッ!わしが掘った!!(嘘
ブログ初登場!
かなりのドヤ顔をしてますね。お見せできないのが残念なくらいに(笑)
自分は何もしてないのですが、なんでドヤ顔?

tomorrow40.jpg
しかし怖いから入りませんでした(苦笑)
かなり狭い穴なので入ったらもう戻ってこれなくなりそうな気がして・・・
安全にはくれぐれも注意し、入る際は複数人で行きましょう


実はこの埋もれたトンネルを復活させたのは山さ行がねがのヨッキれん氏
発掘の過程はヨッキれん氏とNagajis氏主催「日本の廃道」の無料記事
城東隧道西口発掘作業・結果報告レポート[PDF形式]
で見ることが出来ます。

完全に土砂で埋まってしまったかつての国道トンネルを蘇らせる
そこにロマンを感じます

それにしても、よくこんなに掘ったものですね。ざっくりと土がなくなってて驚きました
全長100メートルあったトンネルの内部は、別の崩落によってすぐ近くで閉塞しているらしいです



さて、廃道探索もそろそろ終わり
tomorrow33.jpg
あれがトモロ岬

tomorrow35.jpg
いつかあそこにたどり着きたいけど、道は険しい

tomorrow38.jpg
途中で水が流れているところがありました

tomorrow37.jpg
その近くにあるこれが知る人ぞ知る隠れた名所、稲取のはさみ石です

tomorrow36.jpg
ふたつの大きな岩の間に小さめの岩が挟まっているという不思議な岩です



次回最終回、あの有名廃屋を探索!


つづく

テーマ : 廃墟系
ジャンル : 写真

(静岡)東伊豆町隔離病舎

***多忙につきこの記事を最後に数ヶ月くらい更新休止します***


夏もそろそろ終わり
今更ながらあの有名スポットを紹介

tomorrow42.jpg
旧国道の途中から山側に向かっていきます

tomorrow43.jpg
よくわからないが水が流れている場所

tomorrow50.jpg
某有名物件に到着

tomorrow44.jpg
「東伊豆町隔離病舎」
災害後も数年は営業していたようですが、1982年に隔離病棟の統廃合により廃止されました

tomorrow45.jpg
廃墟としてもとてもいい雰囲気の場所です

tomorrow46.jpg
藁のベッド

tomorrow47.jpg
夜にきたらさすがに怖そうですね

tomorrow48.jpg
30年を経て建物がかなり痛んできているので注意が必要です

tomorrow49.jpg

tomorrow51.jpg
帰ります


おわり


訪問 2008年2月末

テーマ : 廃墟系
ジャンル : 写真

プロフィール

HiRo

Author:HiRo
ハぃキょばっヵィッてるトこンなヵヲになりますょマヂデ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。