スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長坂山、八本松、赤沢隧道

相互リンク記念特集第二弾
ハヤトさんとの相互リンク記念?

今回紹介するのは神奈川県、東海道本線の廃線区間。
真鶴側から長坂山隧道、八本松隧道、赤沢隧道という順番で並んでいる廃隧道で、
1972年に真鶴トンネル(真鶴隧道)にその役目を譲り、廃線となりました。
長坂山隧道からは2007年10月に遺体が発見されたようです。

>上記の者は平成19年10月25日午前9時25分、
>真鶴町岩878番地東側長坂トンネル内でほぼ白骨化した死体で発見された。
>平成15年頃死亡と推定。(行旅死亡人データベースから抜粋)

死体発見から半年後
人が死んだ場所ということを念頭においての今回の訪問
どうなることやら・・・

manahako013.jpg
竹林を進みます
右には作業用モノレール
これも廃線か

manahako015.jpg
今では見る影も無いが昔はなにか作物を作っていたのでしょう(果樹園?)

manahako014.jpg
竹林に囲まれてしまったモノレールを通り過ぎて道なき道を進む
廃的にかなりいい雰囲気です

manahako016.jpg
石垣を発見するとアツくなるのがオブローダー(廃道探求者)
自分はさしずめ廃道彷徨者ってところか、なんかさ迷ってるし(苦笑)
こっちでいいんすかね・・・?

manahako017.jpg
放棄された小屋がありました
こんなところで3億円みつかったらいいのにね

manahako061.jpg

しばらく歩くうちにようやく廃線跡にでました
確か写真右側の竹やぶから出てきました
むこうには長坂山隧道がありますが向きを変え先に反対側を探索

manahako057.jpg
真ん中にある八本松隧道
短いです

manahako056.jpg
さっさと抜けて、振り返って撮影
反対側はシンプルですね

manahako053.jpg
橋を渡って先に進みます
作業用の車が行き来するために廃止後に橋がかけられたようです

manahako052.jpg
これを渡るのは結構怖いと思うので助かりました

manahako045.jpg
お次の赤沢隧道

manahako020.jpg
窓があるのが特徴的な隧道
窓からは海が見えます

manahako037.jpg
やはりここの雰囲気は素晴らしい

manahako040.jpg

manahako035.jpg
そのまま歩いていくと

manahako027.jpg
現役線との分岐点に来たのでそそくさと引き返します

長坂山隧道は明日更新
スポンサーサイト

テーマ : 廃墟系
ジャンル : 写真

東海道本線廃線

昨日のつづき

manahako046.jpg
橋を渡って戻ります

mana022.jpg
下から上がってくるというルートもあるとどっかのサイトで見ました
どうなんでしょ?

mana030.jpg
薬莢が落ちています

manahako063.jpg
つきました!
既になんか雰囲気がおかしい
ちゃんと撮れてないのは多分何らかの力が働いている証拠

manahako065.jpg
暗くてこわくなってきた

manahako068.jpg
なんだこれ?

manahako069.jpg
墓みたいにも見えますね(キリスト教?)
廃線後に利用されていた?

manahako067.jpg
火を使った形跡が・・・

manahako078.jpg
天井も心なしか不気味に見えてくる・・・

manahako077.jpg
ここらへんに青いビニールシートがありました
ひょっとしたらそこで・・・

manahako075.jpg
探せばまだ何らかの形跡があるかもしれませんが、なるべく足早に通り過ぎます

manahako081.jpg
終点まできました
柵があって行き止まりなので引き返します

mana20.jpg
無事入り口まで戻ってきました
帰りは右側の斜面を上がってみた所
蜜柑畑に出ました
怪しまれないうちにさっさと立ち去ります



<感想>
ここは夜来たら結構怖い場所だと思います。
訪問時点ではKさんやUさんなどネット上には数サイトしか情報がなかったのですが、
現在はかなり有名な場所になってしまい落書きもされているようです。
既に肝試しとか心霊スポットになりつつあるのかもしれません。
自分もこの更新でその片棒を担ぎはじめたのかもしれませんが、
ここまで知れ渡ってしまった場所を今更伏せても無意味だと思い伏せずに公開しました。


探索 2008年3月

次回は追悼物件としてさらにこの後の続き、別の廃線をやります

伊豆箱根鉄道駒ヶ岳鋼索線

前回の真鶴から、湯河原に移動してバスで1時間弱で箱根到着
今回は駒ヶ岳にあったケーブルカーの廃線です
現在はスノーランドと共に解体されてしまいました

manahako083.jpg
やっぱりバスだな
登山鉄道-ケーブルカー-ロープウェイの組み合わせは運賃が高い気がします
でも乗るのはかなり楽しいので、初めて箱根に行く方には上記の経路をオススメします
箱根を満喫するなら箱根フリーパスご利用もお得ですよ~(宣伝終了?)

manahako086.jpg
再度バスに乗り寂れた池のところで降りました
廃道っぽい感じの良い小道を抜けたのですが、写真はありません

manahako087.jpg
もうこんな高さに上がってきました
(9月19日追記 日本廃景やるおさんの撮った写真と構図が被ってるのに気づいた(笑)
右下の木の枝まで同じ、困ったな(^^;)*公開はあっちが先、撮影日時はこっちが先

manahako088.jpg
廃道突入、この光景を独り占め

manahako091.jpg
結構綺麗なのでラジコンでもやりたい
広い道の真ん中をひたすら歩いていくのが廃道歩きの醍醐味

manahako092.jpg
もうすぐですね

manahako094.jpg
景色が開けてきた

manahako096.jpg
よっしゃキタあああああああああああーーーーー!!!!1

manahako098.jpg
と威勢良かったけど、なんか作業しているようなので、
この陰に隠れて小説でも読んで作業が終わるのを待ちます(^^;)
もし発見されたらどんな顔をしたらいいか私わからない・・・

manahako108.jpg
作業は終わったようです
一人で黙々と作業してた作業員がトラックに乗り換えて出て行く音が聞こえました

manahako137.jpg
外観

manahako106.jpg

manahako100.jpg
早速車両を見にいきます

manahako109.jpg
途中にあった信号機

manahako112.jpg

manahako116.jpg
これだ

manahako125.jpg
中に入れない・・・
確か乗れたはずなのに
停車位置が中途半端だからおかしいと思った

manahako113.jpg
スノーランドや上の駅解体のための資材や瓦礫の運搬をさせていたのでしょう

manahako122.jpg
線路は続くよ

manahako128.jpg
下に戻って撮影
今にもおりてきそうなのに・・・

manahako101.jpg
駅舎はドアが開いて内部に入れたのに、体力切れで入りませんでした。
今日は合計で30キロぐらい歩いたので足が何度かつってしまいました。
通電している施設だからヘタレたという気もします、またも無念。
廃墟は一期一会、その時の機会を逃したら次はない(ことが多い)

さて、暗くなってきたので帰ります

manahako139.jpg
さようなら

manahako141.jpg
硫黄の臭いがかなり強い
温泉地はガスにやられないように細心の注意が必要

manahako145.jpg
荒涼とした風景

manahako153.jpg
日も暮れてきました

manahako154.jpg
廃止されたバス停が寝転がっていました

おわり

探索 2008年3月
解体 2008年夏ごろから
歴史 [WIKIより引用]
1957年(昭和32年)11月16日 駒ヶ岳鋼索線 駒ヶ岳登り口 - 駒ヶ岳頂上間が開業
2005年(平成17年)9月1日 駒ヶ岳鋼索線 駒ヶ岳登り口 - 駒ヶ岳頂上間(全線)廃止



次回は平常どおりホテル廃墟をやります
やや大きめの廃ホテルを3回くらいにわたってやります

テーマ : 廃墟系
ジャンル : 写真

【廃線】中央東線旧線区間(小淵沢~信濃境)

先月の記事数はなんと4
週二回更新しようとか考えてたのにこのザマ・・・これでは有終の美を飾れない
今月こそは週二回更新を成し遂げると宣言しておきます。ヤッテヤルデス!

なんて言わないよ絶対
だってもう日曜日じゃないか・・・この記事1日用だったはずじゃないか・・・
と、とにかく、暇人の私も大掃除やなんかかんやで忙しい師走ですが、
今月は更新をほんの少しだけ増やします!!


というわけで、甲信越シリーズも一区切り、久しぶりの廃線です

廃線ファンの中ではよく知られている中央本線の小淵沢~富士見~信濃境をやります
特に立場川橋梁が有名ですね
有名なので経緯や歴史とかは他のサイトに任せます・・・

tyuuou002.jpg
9:00 小淵沢からスタート
特急スーパーあずさ1号に乗ると9時ごろ着きます(^ω^)
かいじに乗るとざわ・・・ざわ・・・してしまい、甲府らへんまでしか行けないので注意してください

tyuuou001.jpg
これは八ヶ岳高原線
これに乗ると清里に行けます
清里といえばCハウスやSPホテルで有名でしょうね(廃的には)

tyuuou003.jpg
八ヶ岳でしょうか?

tyuuou004.jpg
しばらく歩くと現役のトンネルが見えてきました
ここを上ります

tyuuou005.jpg
つきました

tyuuou006.jpg
振り返り

tyuuou007.jpg
(旧)池生トンネル?
トンネルの名前は適当にググッてコピペしてるだけ・・・
銘盤すらチェックしていませんでした(うちは駄目なサイトだ・・・)

tyuuou008.jpg
抜けました
信濃境側
47番トンネルとも呼ばれています

tyuuou010.jpg
そのすぐ近くに小屋があって、扉が吹っ飛んでいました
丁度いいところに、よさげなチャリがあります
だが誘惑には負けない、ダメ絶対!(これからもう一駅歩くんだな・・・)

tyuuou009.jpg
内部

tyuuou011.jpg
きましたよこれ

tyuuou012.jpg
富士急の3100系らしい

tyuuou013.jpg
「とんねるの里」という喫茶店のためにどこかから持ってこられた車両です

tyuuou014.jpg
まわりの雰囲気もいいし、かなりの迫力がありますね
夏場の写真も見た事ありますが、鬱蒼とした雰囲気が素晴らしかった

tyuuou015.jpg
喫茶店の厨房?しばらく使われていないようでした

tyuuou016.jpg
11:50 信濃境駅到着

探索に3時間もかかるとは・・・(ほとんど歩行移動時間 途中迷って10キロ程度?)

テーマ : 廃墟系
ジャンル : 写真

【廃線】中央東線旧線(信濃境~富士見)

12:00 信濃境駅出発

また歩きます

tyuuou017.jpg
ここらへんに隧道があったはずですが、埋められて痕跡すら見つけられませんでした

tyuuou025.jpg
この写真の雪山を越えて反対側へやってきました
整備されたグラウンドがあります
見えているのは乙事トンネル

tyuuou018.jpg
乙事トンネル(富士見駅側)
280メートルの長さがあったようですが、どれだけ埋められたのか?

tyuuou019.jpg
入ります

tyuuou020.jpg
50メートルくらい?

tyuuou021.jpg

tyuuou022.jpg
浸水が始まったか
すね毛

tyuuou023.jpg
壁みたいなのが見える気もする・・・
両足完全浸水は嫌だったので閉塞壁を確かめずに引き返してしまいました・・・(中途半端)
冷水はきつかった、ヨッキさんにはなれなかった、長靴、いや、せめてネオプレーンさえあれば・・・

tyuuou024.jpg
脱出!!

tyuuou026.jpg
反対側の姥沢トンネルです(約110メートル)

なんと!穴の入った所らへんにエロ本が落ちてました!!
クリックで読む(修正済み)
何故擬音だけは残したのか・・・謎な修正をしてしまった…

tyuuou027.jpg
こっちの穴は、もうイッちゃうというより、イッっちゃっている(TEAM廃墟さんのエロ本小屋のマネ

↑これがやりたかっただけっしょ
 そう、実はただこれが言いたかっただけなんだ
 そのためにわざわざこの記事を・・・もうここで終わりでもいいかな?

tyuuou028.jpg
さて、エロ本に熱中して埋まるのも嫌なので足早に通り抜けます
こんな危険な状況で意外なM性を発見するってのもいいかもね

tyuuou029.jpg
出口あり

tyuuou030.jpg
有名な立場川橋梁
柵が新しくなってます
渡るのは目立つし危険そうなので、戻って反対側を目指します

tyuuou037.jpg
おお、その前にグラウンドのそばで怪しげな穴発見

tyuuou032.jpg
入ります

tyuuou036.jpg
多分点くけど触らない

tyuuou033.jpg
階段を下りて下に

と思ったらカマドウマの大群がいました
↓これです

今度は微グロ注意

tyuuou035.jpg
水の流れる大きな音が聞こえますが、カマドウマの近くは越えられませんでした
(こいつらは光や音に反応してジャンプしてくるんですよね)

tyuuou038.jpg
諦めて次に進みます

tyuuou039.jpg
現役線をくぐりました

tyuuou040.jpg
念のためちょっと待って鉄道撮影

tyuuou042.jpg
立場川橋梁に到着しました

土手に上がってトンネルに向かったら

tyuuou041.jpg
うっかり蛇を踏んでしまいびっくり!!
動かないので死んでいる?
シマヘビだから毒蛇ではないですね

tyuuou044.jpg
何故か回り道して山を越えました(無駄に疲れた、普通にトンネルに入れば良かった)
瀬沢トンネル富士見側からです

tyuuou045.jpg
補修された跡があります

tyuuou046.jpg
このトンネルだけつららが多いですね

tyuuou047.jpg
水路として使われてるからか、立派な氷柱が育ってしまっています

tyuuou048.jpg
富士見側、信濃境側は写真撮るの忘れました

16:20 富士見駅到着

なんと一日が終わってしまいました
徒歩のみで回ったとはいえ時間かかりすぎですね
合計7時間以上かかってるし・・・
歩きに時間を取られすぎでしょう
車で回れば多分1時間以内で見られます

一応、カマドウマの穴という新しい発見があったし、運動にもなって良い探索でした
あんな小さな発見でも嬉しいものです

この後鈍行で戸倉上山田温泉に向かいました
目当てはもちろん・・・


おわり


探索 2008年3月
廃線 この区間が1983年に複線化された際に廃線になった

テーマ : 廃墟系
ジャンル : 写真

信越本線旧線(横川~軽井沢)前編

遅くなりましたが、

SolidState.png

雪村柚鈴さんとの相互リンク記念として信越本線旧線区間をレポートします。
リンク先の雪村さんのブログにも記事がありますので、あわせてご覧ください。
http://chatblanc2.blog134.fc2.com/blog-category-14.html

本来は高崎駅から長野駅・直江津駅を経て新潟駅まで至る路線であったが、
1997年10月1日の長野新幹線(北陸新幹線)開業に伴い、長野新幹線の並行在来線区間のうち、
横川駅 - 軽井沢駅間が廃止、軽井沢駅 - 篠ノ井駅間が第三セクターしなの鉄道に経営が移管され、
当路線は2区間に分断された。(Wikipediaより引用)

現在では横川からバス(片道500円)で軽井沢までいけます

さて、歩いてめがね橋方面に向かいます

shinetsu001.jpg
整備された遊歩道を歩いていくと、まず目にするのは丸山変電所
荒れるに任せていたのを2000年頃に修復され、国指定重要文化財となりました

shinetsu003.jpg

shinetsu004.jpg
中には何か展示してあるようですが、入れません

shinetsu002.jpg
裏のここだけ廃墟っぽい

急勾配をアプト式で登っていました
現在では片側はトロッコの軌道として再利用し、
もう片方は遊歩道、アプトの道として整備されました

(引用)普通鉄道日本一急勾配・日本唯一のアプト式鉄道
アプト式鉄道は、ラックレールという歯形レールを使って、急坂を登り降りする急勾配用の鉄道です。
日本で唯一アプト式鉄道が走っているのが、大井川鉄道のアプトいちしろ駅から長島ダム駅の区間です。
この区間は、1,000分の90(90パーミル)という普通鉄道日本一の急坂になっています。
(碓氷峠は66.7パーミル)

shinetsu005.jpg
燃焼系燃焼系アプト式
いつか名物の上州おっきりこみを食べてみたいです

shinetsu006.jpg

shinetsu007.jpg
めがね橋に到着しました
ここも以前はそのまま放置されて荒れていたのですが、
今では整備されて手すりまでついています

shinetsu008.jpg
立派ですね
旧旧線の観光名所めがね橋はこの程度にして廃線を見に行きます

shinetsu009.jpg
信越本線旧線跡にやってきました
観光地ではないので自己責任でおねがいします
金属泥棒と間違えられて通報されるかもしれませんよ?

shinetsu010.jpg
さっそく熊の平目指して進みます

shinetsu011.jpg

shinetsu012.jpg
退避坑のカマドウマの群れがお出迎え

shinetsu032.jpg

shinetsu030.jpg
真ん中に水路が現れる

shinetsu013.jpg
このトンネルの見所のひとつ、コンクリート鍾乳石のテーブル

shinetsu014.jpg

shinetsu033.jpg

shinetsu031.jpg
ようやく出口です
写真には写ってませんが、お猿さんが逃げていきました

後編に続く

テーマ : 廃墟系
ジャンル : 写真

信越本線旧線(横川~軽井沢)後編

shinetsu028.jpg
出ました
これが全て廃線!

この場所では1950年にがけ崩れがあり50名の犠牲者がでたので、
変電所の近くに慰霊碑が建てられています

shinetsu015.jpg
廃止となった熊ノ平変電所
ちょっと中をのぞいてみましょう

shinetsu025.jpg

shinetsu021.jpg
まだ使えそうです

shinetsu023.jpg
なんか赤くなってきた

shinetsu024.jpg
こんな色だったっけ?

shinetsu022.jpg
やたらと赤い

shinetsu018.jpg
出たよこれ!

shinetsu016.jpg
なんじゃこりゃー

shinetsu017.jpg
と、気をとられていたら真上にあった大きなクレーンに頭をぶつけそうになりました

shinetsu019.jpg
それ以上に、この部屋の雰囲気がなぜか一番怖かったんですけどね

shinetsu020.jpg
ひととおり見たので、そろそろ出ましょう

shinetsu026.jpg
軽井沢方面から変電所を眺めます

shinetsu027.jpg
トンネルが4つも並んでいます
左の2つが1997年に廃止になった新線、
右の2つを旧線と呼ぶことが多いみたいです
ここには20だか30だか、数えきれないくらいの廃トンネルがあります

右のトンネルをちょっと見てきます

shinetsu029.jpg
明治時代に作られた旧線トンネルがめがね橋方向に続いています
そのうち熊ノ平までトロッコ列車で行けるようにするらしいですが、ここも遊歩道になるのでしょうか?
そうしたら、変電所も観光スポットとして整備されるのかな?
もし軽井沢までトロッコ列車が行くようになれば鉄道文化むらに来る人も増えそうですね

shinetsu034.jpg
引き返してめがね橋近辺まで戻ってきました
日も暮れてきたので帰ります


おわり

探索 2007年秋

テーマ : 廃墟系
ジャンル : 写真

西武安比奈線

テンションを上げておきたいし、紹介したい物件のネタも少しはできたので、突如として1ヶ月ほど復活。
時間が無いので挨拶すらすまさぬままに

まずはウォーミングアップ、ウォーミングハット
今回が初の埼玉の記事だねぇ(どんだけ埼玉大嫌いなんだ俺)


安比奈線(あひなせん)は、埼玉県川越市の南大塚駅から同市内入間川沿いの安比奈駅へと至る西武鉄道の貨物線である。
1967年から、長らく休止されたままとなっている。
あくまでも「休止中」であって廃止ではない[1]が、周囲の道路の橋脚が建築限界を侵食して建設されていたり、
線路が寸断されている個所も多数存在していたりと、実質的には廃止状態である。(Wikipediaより引用)

歴史の紹介も引用のみといういい加減なまま、いい加減な記事が始まる

aina01.jpg
街中区間 そのまま線路が残っており、近所の花壇や近道として活用されている

aina02.jpg
ひとつめの橋梁 きれいに残っている

aina03.jpg
さすがに渡るのは危ないかもしれないので、やめておこう

aina04.jpg
先に進むと、森に入る
ここが見所のひとつ

aina05.jpg
森を抜けると橋梁 
これは渡ってから振り返って撮ったところ
2009年の多部未華子が出ていた朝ドラ「つばさ」で取り上げられて、そのときにロケ地として橋もかけられた

aina06.jpg
思えばなつかしいね

aina07.jpg
ひたすら歩いて、線路の真ん中に大木がある地点まで到着

aina08.jpg
そろそろ終わりかな

aina09.jpg
荒涼としてきた
しかもなんか犬がこっちにダッシュしてくるし・・・
勘弁してくれ、なんでこんなところで犬なんだよ
必死に逃げる俺
マジやばいマジこわい・・・
そうだいいアイディアがある

aina12.jpg
シャキーン
っと今まで一度も使ったことがなかった三脚が初めて役に立つ!これでもう何も怖くない
持ってきてよかった三脚
なんかかっこいいぞ三脚
いやー三脚は便利だなー(棒読み)

さらに必死に迂回して、オフロード場みたいなでこぼこの山があるところを通ってでも先に進む
もう後戻りできないだろ・・・常識で考えて

aina10.jpg
まあそんなことはどうでもいいわけで
これが最後に見つけた線路跡
写真を回転しておくのすら忘れた 酷い記事だ

何故かここだけ、穴になっていた
曖昧な終着点を自分の目で確認したかったという目的は達成
さっきの犬はホームレスに飼われているっぽい犬だった 
写真くらい撮ればよかった どんだけ生物嫌いなんだ俺

aina11.jpg
この先も続いてるのかもしれないが、藪がひどくて確認できない

aina13.jpg
線路の終着点の先は川とあぜ道に挟まれるようになっておわる

というわけでテンションが少しだけ上がったけど、なんか微妙な空気のまま終わる
これからの僕は、犬と打ち解けられるような、風の谷のナウシカみたいな人になりたい

おわり

帰宅はそのまま2キロ30分進んで、反対側の西武文理大そばにバスが頻繁に通っているので、
それでどこか最寄の駅にはいけます。


これやっつけすぎなので、後日若干改定予定、でも写真はふえません!


探索日 2011年12月下旬

テーマ : 廃墟系
ジャンル : 写真

プロフィール

HiRo

Author:HiRo
ハぃキょばっヵィッてるトこンなヵヲになりますょマヂデ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。