スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【廃線】中央東線旧線区間(小淵沢~信濃境)

先月の記事数はなんと4
週二回更新しようとか考えてたのにこのザマ・・・これでは有終の美を飾れない
今月こそは週二回更新を成し遂げると宣言しておきます。ヤッテヤルデス!

なんて言わないよ絶対
だってもう日曜日じゃないか・・・この記事1日用だったはずじゃないか・・・
と、とにかく、暇人の私も大掃除やなんかかんやで忙しい師走ですが、
今月は更新をほんの少しだけ増やします!!


というわけで、甲信越シリーズも一区切り、久しぶりの廃線です

廃線ファンの中ではよく知られている中央本線の小淵沢~富士見~信濃境をやります
特に立場川橋梁が有名ですね
有名なので経緯や歴史とかは他のサイトに任せます・・・

tyuuou002.jpg
9:00 小淵沢からスタート
特急スーパーあずさ1号に乗ると9時ごろ着きます(^ω^)
かいじに乗るとざわ・・・ざわ・・・してしまい、甲府らへんまでしか行けないので注意してください

tyuuou001.jpg
これは八ヶ岳高原線
これに乗ると清里に行けます
清里といえばCハウスやSPホテルで有名でしょうね(廃的には)

tyuuou003.jpg
八ヶ岳でしょうか?

tyuuou004.jpg
しばらく歩くと現役のトンネルが見えてきました
ここを上ります

tyuuou005.jpg
つきました

tyuuou006.jpg
振り返り

tyuuou007.jpg
(旧)池生トンネル?
トンネルの名前は適当にググッてコピペしてるだけ・・・
銘盤すらチェックしていませんでした(うちは駄目なサイトだ・・・)

tyuuou008.jpg
抜けました
信濃境側
47番トンネルとも呼ばれています

tyuuou010.jpg
そのすぐ近くに小屋があって、扉が吹っ飛んでいました
丁度いいところに、よさげなチャリがあります
だが誘惑には負けない、ダメ絶対!(これからもう一駅歩くんだな・・・)

tyuuou009.jpg
内部

tyuuou011.jpg
きましたよこれ

tyuuou012.jpg
富士急の3100系らしい

tyuuou013.jpg
「とんねるの里」という喫茶店のためにどこかから持ってこられた車両です

tyuuou014.jpg
まわりの雰囲気もいいし、かなりの迫力がありますね
夏場の写真も見た事ありますが、鬱蒼とした雰囲気が素晴らしかった

tyuuou015.jpg
喫茶店の厨房?しばらく使われていないようでした

tyuuou016.jpg
11:50 信濃境駅到着

探索に3時間もかかるとは・・・(ほとんど歩行移動時間 途中迷って10キロ程度?)
スポンサーサイト

テーマ : 廃墟系
ジャンル : 写真

【廃線】中央東線旧線(信濃境~富士見)

12:00 信濃境駅出発

また歩きます

tyuuou017.jpg
ここらへんに隧道があったはずですが、埋められて痕跡すら見つけられませんでした

tyuuou025.jpg
この写真の雪山を越えて反対側へやってきました
整備されたグラウンドがあります
見えているのは乙事トンネル

tyuuou018.jpg
乙事トンネル(富士見駅側)
280メートルの長さがあったようですが、どれだけ埋められたのか?

tyuuou019.jpg
入ります

tyuuou020.jpg
50メートルくらい?

tyuuou021.jpg

tyuuou022.jpg
浸水が始まったか
すね毛

tyuuou023.jpg
壁みたいなのが見える気もする・・・
両足完全浸水は嫌だったので閉塞壁を確かめずに引き返してしまいました・・・(中途半端)
冷水はきつかった、ヨッキさんにはなれなかった、長靴、いや、せめてネオプレーンさえあれば・・・

tyuuou024.jpg
脱出!!

tyuuou026.jpg
反対側の姥沢トンネルです(約110メートル)

なんと!穴の入った所らへんにエロ本が落ちてました!!
クリックで読む(修正済み)
何故擬音だけは残したのか・・・謎な修正をしてしまった…

tyuuou027.jpg
こっちの穴は、もうイッちゃうというより、イッっちゃっている(TEAM廃墟さんのエロ本小屋のマネ

↑これがやりたかっただけっしょ
 そう、実はただこれが言いたかっただけなんだ
 そのためにわざわざこの記事を・・・もうここで終わりでもいいかな?

tyuuou028.jpg
さて、エロ本に熱中して埋まるのも嫌なので足早に通り抜けます
こんな危険な状況で意外なM性を発見するってのもいいかもね

tyuuou029.jpg
出口あり

tyuuou030.jpg
有名な立場川橋梁
柵が新しくなってます
渡るのは目立つし危険そうなので、戻って反対側を目指します

tyuuou037.jpg
おお、その前にグラウンドのそばで怪しげな穴発見

tyuuou032.jpg
入ります

tyuuou036.jpg
多分点くけど触らない

tyuuou033.jpg
階段を下りて下に

と思ったらカマドウマの大群がいました
↓これです

今度は微グロ注意

tyuuou035.jpg
水の流れる大きな音が聞こえますが、カマドウマの近くは越えられませんでした
(こいつらは光や音に反応してジャンプしてくるんですよね)

tyuuou038.jpg
諦めて次に進みます

tyuuou039.jpg
現役線をくぐりました

tyuuou040.jpg
念のためちょっと待って鉄道撮影

tyuuou042.jpg
立場川橋梁に到着しました

土手に上がってトンネルに向かったら

tyuuou041.jpg
うっかり蛇を踏んでしまいびっくり!!
動かないので死んでいる?
シマヘビだから毒蛇ではないですね

tyuuou044.jpg
何故か回り道して山を越えました(無駄に疲れた、普通にトンネルに入れば良かった)
瀬沢トンネル富士見側からです

tyuuou045.jpg
補修された跡があります

tyuuou046.jpg
このトンネルだけつららが多いですね

tyuuou047.jpg
水路として使われてるからか、立派な氷柱が育ってしまっています

tyuuou048.jpg
富士見側、信濃境側は写真撮るの忘れました

16:20 富士見駅到着

なんと一日が終わってしまいました
徒歩のみで回ったとはいえ時間かかりすぎですね
合計7時間以上かかってるし・・・
歩きに時間を取られすぎでしょう
車で回れば多分1時間以内で見られます

一応、カマドウマの穴という新しい発見があったし、運動にもなって良い探索でした
あんな小さな発見でも嬉しいものです

この後鈍行で戸倉上山田温泉に向かいました
目当てはもちろん・・・


おわり


探索 2008年3月
廃線 この区間が1983年に複線化された際に廃線になった

テーマ : 廃墟系
ジャンル : 写真

管理されている物件の情報

*廃墟ではありません、管理されています*
もちろん私も侵入してません(外観の写真だけ撮りました)
管理物件なので当然内部写真は見た事ありませんが、何か情報ありましたらコメント欄にご連絡ください。
掲載に関する苦情がある場合もコメント欄におねがいします

ホテル漁港(仮称)
jyouhou006.jpg
これも伊豆、漁港にあるからホテル漁港(安易な愛称)。客室は50室程度、新しすぎて気がひけました。
漁港へのアクセスのよさと漁港ビューがこのホテルのウリ?
なんでこんな交通の便が悪い所にこんな大きな物件が・・・
自動車以外でのアクセスはバスで山越え1時間もしくは船。


奥様荘(仮称)
jyouhou002.jpg
東京都にある大きめの旅館、しかも場所は奥まっていてかなり雰囲気が良い。

jyouhou003.jpg
と思ったらコレ・・・
ネットにほとんど情報ないわけだ(以前は入れたらしいです)



<雑感>
自分はなぜか巨大ホテルに惹かれてしまいます。
巨大で人がたくさんいるはずの場所なのに自分しかいない、
そんなギャップが好きなのかもしれません。
山奥にひっそりとある旅館も好きです。今は亡き紅葉園みたいな。

自分にとって去年最も残念なニュースは宮崎県の青島にあった橘ホテルの解体でした。
潜入するチャンスはわずかにあったのに、結局行けなかったのが本当に悔しいですね。
MIXIで写真だけは見られましたが、黒猫と廃墟というのが素晴らしかったです。

悲しみの廃ホテル(客室)

更新遅れてすいません(日付は偽装)
ネタ自体は新鮮で素晴らしいのに、そういうときに限っていい文が書けないし、写真も選べない。
あれもこれも取り入れると記事が長くなって面倒だし、短すぎるともったいない気もする。
以上言い訳と愚痴でした…


悲しみの廃ホテル、悲しみの理由は後ほど

進入経路がイマイチよくわからないので、狭い窓から入ることに…
後から考えればもっと楽に入れたのに(ありがち)

kan013.jpg
そこはいきなり薄気味悪い布団部屋

kan011.jpg
「桃源」から出てきました

「山吹」にて早速見取り図を発見したので確認
kan009.jpg
部屋がそれぞれ離れになっています
13室しかありませんが、離れ部屋のホテルは初体験なので楽しい(小曲園っぽい?)

各部屋をまわってみます
kan008.jpg
上の階層の部屋は綺麗でまだ使えそう(地図の下、春日の並び)

kan004.jpg
洋室もありました

kan005.jpg
この壁紙は派手すぎて落ち着かない気もします…

kan003.jpg
ラブホテルにありそうな風呂
温泉街といえば癒しよりもいやらしいサービスというのが昭和の価値観

部屋と部屋の間は緑の絨毯?の通路でつながれています
kana012.jpg
こんな感じの通路を下っていく
部屋は確か「羽衣」かな?

kana011.jpg
部屋の隣の通路をさらに下り

kan010.jpg
残留物が多い部屋もありました

kan012.jpg
さらに狭い通路を通って

kan006.jpg
こんなところから入る部屋も(いや、物置だったか?)

kan002.jpg
下の方ほど廃れて、崩壊が進んでいます

実は、どれがどの部屋か覚えてません
一部の部屋には動物のフンがありました
遭遇は避けたいものです

kanas019.jpg
一見普通の部屋だが、襖の隣に白いものが見える…何だろう?カーテンかな…
灰皿の赤い点も気になる…日の丸?
(後で写真を見返すと気になるものが写っていることが結構ありますよね…廃墟怖い)

さて、だいたい見たので上に戻ります

kan007.jpg
「春日」の前あたりの通路には橋もかかっていました
これもいい味出してますね

kan001.jpg
それでは、本館のほうを見に行きましょう

テーマ : 廃墟系
ジャンル : 写真

悲しみの廃ホテル(本館)

kana003.jpg
前回の見取り図に載っているパノラマ大浴場とかいうの

kana004.jpg
大して広くない風呂
ガッカリ過ぎて変な写真になってしまった(対岸に見えるのは民家とか)

では、本館に向かいます

kana014.jpg
一階にある厨房

kana015.jpg
結構広い

kana013.jpg
何かが発酵している

kanas020.jpg
厨房の奥の従業員食堂

kana001.jpg
厨房のそばには謎の通路発見

kana002.jpg
二階の宴会場に食事を運ぶエレベーターかな?

kana010.jpg
ならば、二階を見に行きます

kana005.jpg
二階宴会場は完全に物置

kanas022.jpg
他には何もなかったようなのでフロントに戻ってきました

kana009.jpg
お土産コーナーにも物は残っています

kanasi015.jpg
名物 かかあ漬 と ちょい辛小茄子
張り紙で上書きだし、実際に売ってるのは傘だし・・・
それにこれらは本当にこの地域の名物なのか?

kanas018.jpg
フロント近くにあるクラブだかダンスホールだかは地味

kana016.jpg
ここも保存状態は良好

kana006.jpg
フロントの近くにある居酒屋

kana007.jpg
さらに別のドリンクコーナー
こんな明るいのに手ブレ・・・

kana008.jpg
フロントの休憩所的な位置づけでしょう

この先にもまだ何かあるようです

テーマ : 廃墟系
ジャンル : 写真

悲しみの廃ホテル(改築途中)

kanasi014.jpg
どこかに向かって通路が続いています

kanasi013.jpg
通路には工事関係の機材が置いてありました

kanasi004.jpg

kanasi003.jpg

kanasi001.jpg
改築途中のまま
カレンダーは2004年5月

kanasi012.jpg
再起を賭けたリフォームも完成せぬまま破産

kanasi011.jpg
2007年まで営業していたという情報があります
ここは諦めて放棄し、なんとか生きながらえようとしていたのでしょうか?

kanasi007.jpg
でも、あの客室だと「通路が寒いし、階段上り下りが面倒くさいし、殺風景」と客から苦情が出てそうです

kanasi005.jpg
部屋も未完成のまま

kanasi006.jpg
ユニットバスだけは取り付けられています

kanasi008.jpg
上に向かいます

kanasi010.jpg
本館が2階までしかないのにこの改築途中の客室棟は6階建て

kanasi009.jpg
最上階には足場が組まれていました

では、本館に戻ります

テーマ : 廃墟系
ジャンル : 写真

悲しみの廃ホテル(住居)

kanas002.jpg
事務所の裏に奥へと続く通路があった

kanas003.jpg
ここだけは今までと雰囲気が違っていた

kanas006.jpg
経営者家族が住んでいたのだろう

kanas004.jpg

kanas005.jpg
2007年10月の新聞が落ちていた
この旅館が営業停止したのは11月頃
物の残り具合を見ると、破産してすぐに夜逃げしたのかもしれない・・・

kanas007.jpg
小さな子がいたらしい
子供用の滑り台が悲しさを感じさせる

kanas010.jpg
他の場所は荒れてないがここだけなぜか荒れていた

kanas008.jpg
首が取れた和人形

kanas012.jpg
木彫りの熊も顎が取れていた
借金取りが憂さ晴らしに荒らしたのだろうか?

このホテルは破産後に賃金未払いで従業員ともめていたという話がある
結局、従業員は労働の対価を受け取れたのか?

kanas011.jpg
栄光の象徴である大きなトロフィーも廃墟となった今では空しいだけ

他にも綺麗なウエディングドレスを着た新婦の写真
可愛らしい赤ちゃんを抱いている幸せそうな母親の写真などが飾られていた・・・

kanas014.jpg
台所は物が溢れていた

kanas015.jpg
雑然とした台所を見ていると

kanas016.jpg
今にも人が帰ってくるんじゃないかという気もした

kanas009.jpg
ここに住んでいた家族は起き上がれたのだろうか・・・

kanas013.jpg
この場所には

kanasi100.jpg
相田みつを氏の詩と

kanas017.jpg
人には言えない苦しみや悲しみが残っていた


おわり



廃業 2007年秋
探索 2010年春
規模 改装部分を含めると客室50室程度

テーマ : 廃墟系
ジャンル : 写真

廃テディベアミュージアム(前編)

メリークリスマス!
みなさんいかがお過ごしでしょうか?

nishimura001.jpg
私はアメリカ海外旅行してきました!!
これがその時の写真です。有名ですよね。
これがかの「ラッシュモア山(マウントラッシュモア)」ですよ!

tomomi019.jpg
さらに、インディアン居住区でインディアンにも会いました
インディアン嘘つかない

tomomi017.jpg
こんな近くでバイソンも見ました
意外と優しい目をしてて、毛はモフモフしてました

tomomi011.jpg

tomomi018.jpg

tomomi010.jpg
これがインディアン居住区です
ショボっちい集落でしたよ


という冗談はいい加減にしておいて、
今日はクリスマスにちなんで世にも珍しいテディベアミュージアムの廃墟です
テディベア博物館自体は全国各地に嫌というほどありますね
ひょっとしたら競争が激化しているのかもしれませんね

nishimura011.jpg
はい、これです
派手な服装ですねー

nishimura003.jpg
貴婦人を意識しました

nishimura016.jpg
こっちみんな!

nishimura017.jpg
何かに打ちひしがれたようにのけぞっています

nishimura007.jpg

nishimura006.jpg
この家族ものけぞって中空を見ています
廃墟になるということは過酷なことなんでしょうね

nishimura019.jpg
この娘はかわいいです

nishimura010.jpg
寝ようとしているところでしょうか?

nishimura018.jpg
親子もいます
外で何かあったのかな?

nishimura015.jpg
暗いからなんか怖いです

nishimura013.jpg
豚だかパンダだか

nishimura012.jpg
こいつだけかなり巨大
何故お辞儀しているのでしょうね?

nishimura004.jpg
オマエは何をやっているんだ?

nishimura005.jpg
西部劇に出てくる渡世人みたいな奴か?

nishimura002.jpg
コワー、メッチャガン見されとるよー
しかしその後ろにあるのは!

明日へつづく

テーマ : 廃墟系
ジャンル : 写真

廃テディベアミュージアム(後編)

nishimura008.jpg
牛乳を見つけました
牛っ子牛乳?
さっそく飲んでみます

nishimura009.jpg
ふぅ~コクがあって美味しかったです
みんなはマネしちゃだめだZE☆

tomomi115.jpg
さて、レトロな自動車を見ましょう

これは1931年の車
Ford - Model A - Cabriolet
です。

tomomi014.jpg
トランクを開けると椅子になっているという構造

tomomi016.jpg
給油キャップがお洒落です

tomomi012.jpg
出発前にエンジンをチェックします
だいぶ小さなエンジンですね
これ実際に走る事できるんでしょうか?
(ちゃんと相模ナンバーがついてました)

tomomi013.jpg
それでは夢のドライブに出発です
できることならこれで家まで帰りたい

nishimura020.jpg
しかし、車窓から見える風景は前方の打ちひしがれた家族とコイツ

tomomi006.jpg
他にももっと古い年代の車がありましたよ

nishimura021.jpg
ではそろそろ帰りましょう
さようなら
あ、帽子ずれてるよ


テディベアミュージアム
休業 2007年春
訪問 2009年春と2010年春

★ネタに注釈
 牛乳ビンの中身は発泡スチロールみたいです(展示用の模造品)
 撮影のために開けたり触ったりはしていません(最初からあの状態でした)
 中身はどこにいったのだろうか?

テーマ : 廃墟系
ジャンル : 写真

米国ぶらり旅の補足

アメリカ旅行の事に興味を持っていただいた方が結構いたので補足します

tomomi003.jpg
現代においてのインディアンのファッションです
お洒落ですね
さすがに肉巻きポテトという発想はできませんでした

tomomi002.jpg
ジョージブッシュ似の愛国親父にデザートツアーに連れてってもらいました
(たいして似てないか・・・)

tomomi001.jpg
この大きな蛇はなんでしょうか?
これにはびっくりしましたよー

tomomi009.jpg
その後はワシントンDCのリンカーン記念館にあるリンカーン像です
実物はそんなに大きくないし、口を開けていて間抜ですね
想像していた大きくて威厳のある像とは大違いでした

tomomi004.jpg
夜は酒場で運動会です
写真右の中国人みたいな人が私です

tomomi005.jpg
そのバーでは素敵な女性が働いてました
やや上方から取るのがチラリズムを煽るコツ
あまり上方過ぎると通報されます

以上
ぼくのあめりかたびにっき  お わ り


今年の更新はこれで終わりです。
それではみなさん、良いお年を

テーマ : 廃墟系
ジャンル : 写真

プロフィール

HiRo

Author:HiRo
ハぃキょばっヵィッてるトこンなヵヲになりますょマヂデ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。