スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3周年

当ブログも2010年に始めてから今日で丁度3年になります。
当初は毎週更新だったはずなのですが、途中で休止したり、
不定期更新にしたりして、あまり更新しなくなりましたね(^_^;
しばらくはこのペースのままでゆったりと気が向いた時に更新していきますので、
これからもよろしくお願いします。
スポンサーサイト

六年間の修行

ブログは3周年だけど、本格的に廃墟行き始めてから6年くらい。

six.jpg
都内某所

あの時はわけわからんかったなぁ。何で行こうと思ったんだろうね?
それもよりによって、あんな廃墟にね。いろいろと怖すぎた。
初心者は場所をしっかりと選んだ方がいいだろうに

と、しみじみと振り返ってないで、そろそろ更新したいところ。

Sグランドホテル

どこかにあるグランドホテル
○○グランドホテルって名称の現役ホテルや廃ホテルは多いですね
これとは別に2つSグランドホテル廃墟に行きました
○○ロイヤルホテルも結構見るかな

ではここで問題
グランドやロイヤル以上、圧倒的に多い廃墟ホテルの名称は何でしょうか?


正解者には何かいい事が起こるかもしれません。
新しい廃墟の知識が増えるとか、そんな感じで。


さて潜入
grand04.jpg
まずはいきなり風呂

grand03.jpg
普通

grand02.jpg
女湯かな?
とにかく狭い

grand01.jpg
見慣れない機械があると思ったら「ラドン発生装置」です
(最近発行された廃墟の本で見て知りました、行っても見落とす事も、ある・・・)
ググれば似たような機械が出てきますね

grand10.jpg
コウモリが数匹住み着いています

grand11.jpg
そのほかにも動物の死骸とか骨とかぶら下がったまま干からびたコウモリさんとか色々とありました
これだけ多くの生物や死骸を一つのホテルで見たのは初めて

grand23.jpg
案内図
7階建てで一応グランドと名乗れる規模ではあります
ただ、1階を下に書いた方がわかりやすいと思います

grand18.jpg
客室も見ておきますか

grand16.jpg
たいしたものは残っていません

grand17.jpg
お墓ビューですが、見晴らしは良いです
廃業後にお墓が出来たのかもしれない?と書籍には書いてました。


つづく

テーマ : 廃墟系
ジャンル : 写真

Sグランドホテル(後編)

6・29 記事訂正 理由は後述


客室を適当に回りながらたどり着く最上階「サンパール」

grand06.jpg
このフォントはサルスケベっぽいな・・・

grand05.jpg
日当たり良好

grand07.jpg
窓際の垂れ下がった天井が気になる

grand08.jpg
では、戻ります

grand303.jpg
確か、2階にあったスナック
みちはる?読めなかったんだなコレが

※しょうよう[名](スル)気ままにあちこちを歩き回ること。そぞろ歩き。散歩。「郊外を―する」

grand20.jpg
さらに廃墟内を逍遥する
1階か2階にあった宴会場
天井のボードは取り外されているようです

grand201.jpg
喫茶コーナーに張ってあったポスター、誰でしょうか?

grand09.jpg
1階まで戻ってきました
フロントを見に行きます

grand202.jpg
1982年発売の普通紙複写機

grand203.jpg
残っている機器も古いタイプのものが多いです

grand21.jpg
落ちている年賀はがきなどから考えると、昭和時代に閉館したのでしょうか?
とすると25年以上物ですが、そこまで古い感じはしません
しっかりと残留物を探って、廃業年代を確定しておくべきでしたね・・・

grand304.jpg
フロントの近くにある厨房

grand19.jpg
あまり残っていません

grand24.jpg
その近くのゲームコーナーかな?
ここらへんにはハクビシンの死骸があったので死臭が酷かったです

grand12.jpg
別棟の従業員寮
特に何もなかったと思います

grand14.jpg
目を離した隙にY氏が踏み抜いたようです
怪我がなくて何より

grand13.jpg
従業員寮はただボロいだけで、特に残っているものはありません

これでだいたいおわり



grand23.jpg
そういや7階建てだと思って

grand302.jpg
外観は6階ジャン!って言ってたけど

grand306.jpg
フロントが2階にあって、それが案内図には書かれていないというトリック?錯誤?でした
侵入したのは風呂のある1階部分、だけど斜面に建っているため正面からは2階が入り口


肝試しシーズンとは言えあんまり無責任に盛り上げるのもねぇ・・・
恥ずかしながら記事書いてるときは忘れてたんだよね・・・
むしろ一人で盛り上がってた「コレヤバクね?」とか言って・・・

深夜四時にこの廃ホテルを訪ねると、普段は存在しない四階に行く事ができる。
ただし、その階にいる時に四時四十四分を過ぎてしまうと、閉じ込められて永遠に元の世界に戻れなくなる・・・

などとテキトーな事ホザいてはならない
でも、盛り上げた方が記事的には面白いとは思うんだけどね・・・

おわり

grand301.jpg

テーマ : 廃墟系
ジャンル : 写真

(千葉)竹岡の鬼太郎ハウス

国道127号旧道 富津市竹岡地区
3ヶ月ぶりにコレの続き


蔑称:お尻ハウス

ヨッキさんのレポを見たときから気になっていた物件・・・

あれから6年の時を経て、あのハウスが・・・

ついにその内部が明らかになる!!!!

kitarou02.jpg
これだ!

kitarou19.jpg
外観のインパクトが廃人を惹き付けて止まない

kitarou18.jpg
正面から
6年前よりも木が茂っててよく見えない

kitarou03.jpg
周りにあるのは放棄された畑

kitarou04.jpg
それでは裏の斜面を登っていこう

kitarou05.jpg
ん?
お尻?

kitarou06.jpg
側にあったトイレ
丁度肛門のとこらへんにトイレ

kitarou17.jpg
どう見ても尻なんだってハッキリわかんだね
尻以外にもドラゴンボールの最初の頃に出てきたホイポイカプセルハウスも浮かんだ

kitarou16.jpg
内部正面

kitarou12.jpg
右向いて!

kitarou10.jpg
左向いて!

kitarou09.jpg
バイちゃ!バイちゃ!







いや

これといって

特になにも

ないな


kitarou07.jpg
狭いからあっという間に終わってしまった
家自体が傾いていて油断すると窓に突っ込みそうになる

kitarou08.jpg
そのうち倒れてしまうんじゃないか?

kitarou13.jpg
2段ベッドが2つあるから最大4人で生活できる

kitarou15.jpg


kitarou14.jpg
それにしても、なんかここ見た事ある気もするんだよな
忘れてるだけでどこかのサイトで見たのかな?

kitarou11.jpg
それでは、バイ茶バイ茶


竹岡の鬼太郎ハウス(命名:ヨッキれん)
規模 小、一部屋
用途 住居、シェアハウス
年代 不明
探索 2013年1月

テーマ : 廃墟系
ジャンル : 写真

プロフィール

HiRo

Author:HiRo
ハぃキょばっヵィッてるトこンなヵヲになりますょマヂデ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。