FC2ブログ

代々木会館ペントハウス探索(前編)

代々木会館・・・
今、話題になっていますね
終に来月からの取り壊しが決定、現在は封鎖されてしまいました

今年の3月に逝去された萩原健一(ショーケン)さんと水谷豊さんが出演するテレビドラマ
「傷だらけの天使」の舞台となったペントハウスがあります

そして、数日前にジャニー喜多川さんが逝去なされました
ジャニーズは1960年代初頭に代々木のアメリカ軍宿舎「ワシントンハイツ」(現、代々木公園)
にて結成された少年野球チームが発祥となったのこと

さらには、7月19日から上映される新海誠監督のアニメ映画「天気の子」にも
神聖な場所として代々木会館の屋上が登場するようです

これら去りゆく者消えゆく建物にひとつの時代の終わりを感じるとともに、
不思議な「縁」の力を感じずにはいられません

前置きが長くなってしまいましたが、
今から12年前、2007年に代々木会館内部を探索した時の写真が眠っていたので公開します

YOYOGA01.jpg
※外観の画像は2014年6月頃に撮影

YOYOGA03.jpg
横の空き地から撮影、ペントハウスは崩れていて危険な状態

YOYOGA02.jpg
ここからも入れそうではあった

2007年6月1X日 10:22 探索開始
YOYOGI01.jpg
正面から上がってきて2階のドアです
今回の探索ではほとんどドアノブを触ってませんが、ここは多分施錠されていたと思います

YOYOGI02.jpg
3階の営業している本屋の前をこっそりと駆け上がって6階へ
事務所が何件か入ってるぐらいで行き止まりでした
雰囲気が怖いので後回し

YOYOGIKA01.jpg
5階に戻って通路を進みます
ここも暗くて怖い(写真の明るさを調整してもこの程度)
なのでさっさと通り過ぎましょう・・・

YOYOGIKAI04.jpg
5階、反対側から撮影
血が・・・いや違うか・・・何かを引き摺った痕?
逃げるように先に進みます

YOYOGIKAI08.jpg
正面側ではなく駅側の階段を上がり続けるとここから出てきました
あの伝説のサイトで読んだとおりに封印は解かれていたようですね

YOYOGI11.jpg
さらに錆付いた階段を上がると傷天ペントハウスの上にある屋上に出ます

YOYOGI08.jpg
見晴らしは最高ですが誰かに通報されないか不安
なので恐る恐る撮影

YOYOGI09.jpg
喫煙所になっていた模様です

YOYOGIKAI05.jpg
来た道戻ります
駅が真下に見える!!

YOYOGIKAI06.jpg
降りて見える場所
ペントハウスの壁は崩落してます
亨(あきら)って書いてある?

YOYOGIKAI07.jpg
この配水管?はまだ機能しているのでしょうか?

YOYOGI14.jpg
そろそろペントハウスを目指します

YOYOGIKAIKA1.jpg
確か、一回建物内に戻って別の扉から出てきたと思います
いろいろ崩れてきていて頭上が不安

YOYOGI18.jpg
ペントハウスの下の空間にもなにかあります

YOYOGI17.jpg
世界空手道連盟士道館の代々木道場、代々木アクションクラブの事務所のようです

YOYOGI20.jpg
なぜかワインだけがものすごく新しい気が・・・(未確認)

YOYOGI19.jpg
周辺には物が散乱してます
監視カメラ?

YOYOGI21.jpg
壁が崩れて進めないので通路から出ます
かつてここに「ビヤーガーデン 中国料理 HAPPY HALL」があったようですが、
今は空調の室外機が置いてあるだけです

YOYOGI23.jpg
横から見ると上がさっきの屋上で
まんなかが傷天ペントハウスで
下の空間が代々木アクションクラブ事務所です(後に2011年の震災で崩壊します)

YOYOGIKAIK33.jpg
来た道を振り返ると屋上に上がる階段が見えます
その下にある扉から出てきました

YOYOGI24.jpg
さてさて、先に進みましょう
いよいよ近づいてきました「あの場所」

YOYOGIKAI09.jpg
10:47 25分かけてついに到着しました!あの階段に!
ここを登るといよいよ「傷だらけの天使」のペントハウスです!!

続く

テーマ : 廃墟系
ジャンル : 写真

代々木会館ペントハウス探索(中編)

ついに「あの場所」へ・・・

YOYOGIKAIK12.jpg
階段を上がり「傷だらけの天使」ペントハウスに入ります
ここが夢にまで見た・・・

YOYOGIKAIK17.jpg
ゴミ屋敷でした・・・

YOYOGIKAIK18.jpg
手前の部屋、右側の壁に萩原健一と書いてあるので「傷天」の聖地は間違いないようです

YOYOGIKAIK19.jpg
昭和51年(1976年)1月3日、正月休みを利用して参上!!
この頃にはもう荒れ始めていたのかもしれません

YOYOGIKAIK20.jpg
ゴミの山
さすがに何が入っているかまでは調べませんでした

YOYOGIKAIK16.jpg
反対側の壁、この謎の象形文字は健全な当ブログに載せてもいいんすかね?

YOYOGIKAIK21.jpg
先に進んで一番奥(駅側)の部屋です

YOYOGIKAIK32.jpg
テレビが古い

YOYOGIKAIK23.jpg
さらに右を見るとベッドとピッタンコ(ネズミ捕りモチ)

YOYOGIKAIK30.jpg
逆に左を見ると衣装ケースが倒れています
前回の屋上から下りるときに見えた「亨」の字がある場所になります

YOYOGIKAIK31.jpg
2004年の探索者から3年足らずの間にも崩壊が進んで、窓が倒れてしまいました
この木は代々木駅のホームから見えるやつですね
大都会の中の思いがけない緑に癒されたサラリーマンも多いのでしょう

YOYOGIKAIKAN03.jpg
部屋には雑誌や書籍が残されています

YOYOGIKAIK29.jpg
意外と面白そう

YOYOGIKAIK28.jpg
なぜ2006年5月号のコンプティークが・・・
わざわざ訪問者が持参してここに投棄したのでしょうか?
廃墟にはよく「小さな謎」が発生します

YOYOGIKAIK24.jpg
その他の残留物
ファンヒーターでしょうか?
文字が潰れててよくわかりませんが

YOYOGIKAIKAN02.jpg
カセット カラー TV と書いてあったので検索すると似たような機種が出ました

SONYトリニトロン カセットカラー(1974年)
1968年に完成したカラー再生技術のトリニトロン方式は、
世界的な発明として海外メーカーへ衝撃を与えました。

とのこと、もしかしてドラマ当時の頃の物かな?骨董品ですね

YOYOGIKAIKAN01.jpg

YOYOGIKAIKAN06.jpg
東日本大震災でペントハウスが崩落してしまい
玄関の黄色い壁が駅から見えるようになりましたね

YOYOGIKAIK14.jpg
玄関の扉にポスターが張ってありました
士道館の道場として使われていた頃のものでしょう

YOYOGIKAIK27.jpg
窓から見える景色は最高です
ここに住んで電車の音で目覚めてトマトを食べる生活をしたい

YOYOGIKAIKAN05.jpg
景色も堪能したし、そろそろ帰りましょう

YOYOGIKAIK13.jpg
ちょうど出たところでオレンジ色の電車が来ました
「傷だらけの天使」第一話「宝石泥棒に子守唄を」の冒頭を彷彿とさせます

11:12 25分でペントハウスの探索を完了

続く

テーマ : 廃墟系
ジャンル : 写真

代々木会館ペントハウス探索(後編)

ペントハウスから出て階段を下りてきたところで
来る時に見落としていた物を見ていきます

YOYOGIKAIK11.jpg
まずはペントハウスのすぐ下

YOYOGIKAIK09.jpg
ゴミが詰まっていて近づけないけど

YOYOGIKAIK10.jpg
エレベーターがありました

YOYOGIKAIK07.jpg
そしてそのすぐ近くに階段
この上にはエレベーターの巻き上げ機が残っていたのかもしれませんが
なんか面倒臭かったので上がりませんでした(勿体無い・・・)

YOYOGIKAIK08.jpg
さすがにここを上がる勇気はありません
まさに前人未踏の領域

YOYOGIK05.jpg
7階(=屋上)か6階にあった臭そうなトイレ

YOYOGIKAIK06.jpg
6階に戻ってきました

YOYOGIKAIK05.jpg
6階トイレの掃除当番表

YOYOGIK04.jpg
ゴミが落ちています
どこだったかは不明(たぶん6階か5階)

YOYOGIKAIK03.jpg
そろそろ探索も終わりなので怖くてよく見られなかった正面(道路側)の6階を見に行きます

YOYOGIKAIK02.jpg
このぬめっとした感じの怪しげな物体は実は鍾乳石なんです
コンクリートの石灰成分が雨漏りによって溶け出すことにより鍾乳石の様な形を作ります

YOYOGIK03.jpg
11:32 もう一度、5階の通路を撮影
その時、アクシデント発生!
何者かの足音がこっちに向かって近づいてくるのが聞こえました・・・

YOYOGIK02.jpg
「潜入に気づかれたのか!?」
とにかく4階、3階と真っ暗な階段を音を立てずに降りて隠れます
様子を窺って10分ぐらい暗闇で固まっていました

・・・ ・・・ ・・・

しばらくしたら足音は消えました
勘違いなのだろうか実際に来ていたのだろうか、今となってはわかりません
ただ、1階から調理場の音が聞こえてくるのみです(当時、笠置そばと香蘭が1階で営業中)

YOYOGIKAIK01.jpg
駅側階段の4階、3階、2階どれかの踊り場にあった看板

11:52 脱出
合計探索時間 1時間半

<感想・反省点>
・鍵はほとんど開いていたはずなので部屋の調査
・駅側の階段を下りて地下にあるパチンコ屋まで行けるか調査
・屋上にあったエレベーター巻き上げ機の有無を確認
上記をやれなかったことが心残りでした
あと、探索終えたらすぐに館内図や状況を書いておくべきでした
駅側の階段から4階や3階や2階への入り口はあったのか?とか
階段や部屋の位置関係など、メモ残さなかったので今となっては覚えていません・・・
さらに、きぬちゃん食堂も行きそびれました(鬼怒川は好きなのに・・・)

上記のようにいろいろと課題は残り、写真も多くは撮れませんでしたが、
廃墟に行き始めたばかりにしてはそこそこ上手く探索できたのではないかと思います
もしかしたらこれからの解体作業で何か新たな事がわかるのかもしれませんね

テーマ : 廃墟系
ジャンル : 写真

代々木会館関連のリンク集

探索者達

2002 「傷だらけの天使」憧れのペントハウス
   この頃はまだ施錠されていて屋上には出られなかったとのこと
2003 動物園、B級SPOT大好き!  前編  後編  バックナンバー

   故、荒川聡子さんの消えてしまったサイトを有志の方が保存してくれています
2004 代々木会館巡礼 傷だらけの天使を探して・・・
   代々木会館の全てがわかるサイト!ジオシティーズ終了で消滅するも復活
2005 東京シンヂケート  ペントハウス1  ペントハウス2

   「傷だらけの天使」の情報が豊富なサイトといえばここ

    代々木会館探検

   空き部屋の写真があります

    代々木『傷だらけの天使』のビルは、今も傷だらけです。

   物件調査で夜の代々木会館屋上へ

2006 エンジェル・ビル

   オープロジェクトの黒沢永紀さんによる館内探索特集

    錆だらけのビルに魚肉ソーセージとコンビーフを
   ペントハウスにて小暮修のように喰らいつきオープニングの再現を

2007 当ブログ
   代々木会館に強烈な影響を受けてしまい廃墟探索者になった奴

2019 竜ケ崎古書モール(ツイッター) ツイート1  ツイート2

   閉館後の7月、まさに解体直前の各部屋の姿を撮影された方



関連情報

傷だらけの天使 未発見ロケ地調査報告書  エンジェルビル
   ロケ地に関する膨大な情報!今もまだ新発見があるとのこと

エンジェルビル(代々木会館)

   過去のテナント状況がわかります

2017年5月時点の登記簿(PDFファイル)

   グーグルで検索していたらありました

上記の登記簿の続き(ツイートと画像)

   ツイッターで解体の情報を報告した不動産関係の方

短編作品『Xi AVANT』(ユーチューブ動画) 特報

   神山健治監督オリジナル新作短編作品『Xi AVANT(クロッシィ・アバン)』



飲食店

煮込みや なりた 2005年、代々木会館にあった頃の紹介

香蘭(食べログ)

笠置酒場(食べログ)

笠置そば(食べログ)  紹介しているブログ

名前の無いお寿司屋さん(食べログ)

きぬちゃん食堂(代々木らぁめん)(食べログ)



九龍城

代々木会館は東京の九龍城と呼ぶ人もいるようなので九龍城っぽいものを紹介しておきます
精華寮(解体)
  中国人学生向けの寮だったけど2005年に火災で焼けて廃墟化、2014年に解体されました
鬼怒川温泉(鬼怒川公園駅近く)
  廃墟が連なってます、滝見公園にある橋から見るのが良いと思います
  有名!アミューズメント施設なので気軽に入れて完成度も高い!!
Hotel the rock 九龍城(リニューアル)
  埼玉県入間市にあるラブホテル、リニューアルされたのでもう見られません
Hotel 555 沼津駅北(ツイッター)
  静岡県沼津市にあるラブホテル、5階だけそれっぽい空間になってます
  以前、当ブログでやった特集
他には、神奈川県にある国道駅とか浅草駅の地下飲食店街とかがレトロで味があります


来歴

1963 開業(登記簿より)
1974 10-5 「傷だらけの天使」放送開始 萩原健一、水谷豊出演のテレビドラマ
1975 3-29 「傷だらけの天使」最終回(番組内で「エンジェルビル」の取り壊し)
2003 2-26~4-30 4階「ホルス21」 世界ヒバクシャ展 第一回写真展 
2004 3-20~4-30 4階「ホルス21」 世界ヒバクシャ展 第二回写真展
   ペントハウスには人が住んでいるという報告あり(2ch傷天スレの情報より)
   秋 扉が開錠されペントハウスに立ち入り可能になる(代々木会館巡礼より)
2005 3-1~4-30 4階「ホルス21」 世界ヒバクシャ展 第三回写真展
   2階 全店舗閉店(インドカレーアヒリヤ 1階煮込みやなりた 移転)
   「再開発促進プロジェクト実施中」と書かれた垂れ幕がかかる
2006 コンプティーク2006年5月号がペントハウスに投棄される
2007 6下旬 1階 香蘭 閉店
2008 物置が登記される(ツイッターの情報より)
2009 12 5階、6階の扉封鎖を確認(東京DEEP案内の記事より)
2011 3-11 東日本大震災でペントハウス崩壊、空手事務所のあった7階が潰れる
   1階 階段の入り口に木製の扉がつけられる
   本の壁バリケードができて3階までしか上がれなくなる
2014 11 1階 笠置そば 閉店
   11-21 1階 きぬちゃん食堂 開店
2015 4頃 名前の無い寿司屋 開店(1貫10円の寿司で有名)
2017 8-4 名前の無い寿司屋 新宿歌舞伎町へ移転
2018 開業から55年
2019 3-26 萩原健一 逝去
   5-1 令和元年 解体の噂が流れる
   5-14 土地の権利がまとまったという謄本が上がる(ツイッターの情報より)
   6-24 解体の公示が貼られる
   6-27 きぬちゃん食堂 神保町へ移転 
   6-30 3階、中国関係図書 輸入販売 東豊書店 閉店
   同日 NHK大河ドラマ「いだてん」 故、萩原健一が高橋是清役で出演
   7-19 アニメ映画「天気の子」放映 新海誠監督
   8-1 解体開始
   10-5 「傷だらけの天使」放送開始から45年

テーマ : 廃墟系
ジャンル : 写真

プロフィール

HiRo

Author:HiRo
ハぃキょばっヵィッてるトこンなヵヲになりますょマヂデ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR