スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山田隧道(旧口野隧道)

俺はこの地に何度来たのだろうか?

初めてこの近くまで来たのは2008年元旦、今は無きスポーツワールド伊豆長岡探索だった。
その後、山さ行がねがのヨッキれん氏が2008年4月に公開したレポート旧口野隧道に触発され、
再びこの地を踏むことになった。

まずは2009年と2011年の写真を用いて、山田隧道(旧口野隧道)をおさらい。
ヨッキ氏のレポを読んだ方が分かりやすくて面白いので、軽く紹介するに留めておこう。

2009年1月、初詣を兼ねて、この地に到来

kuchino02.jpg
まずオブ神社として有名な金桜神社

kuchino01.jpg
初詣
最後のフェンス越えるのが一番危なかったと思う

kuchino04.jpg
江間ぬこ太郎氏だろうか?
隧道の場所を教えてくれ!

kuchino03.jpg
入ったことはないが、いつも気になる門柱

kuchino05.jpg
徒歩五分、はい着いた
山田隧道(旧口野隧道) 多比側(所在住所は沼津市多比)

kuchino06.jpg
ゲームにあったダンジョンみたいな入り口に心踊る

kuchino07.jpg
石碑
山行がファンなら全文暗記していることだろう
いは山を 穿て出づる 時鳥

kuchino14.jpg
意外と分厚い、横も見逃すな

kuchino15.jpg

kuchino11.jpg
石碑のすぐ近くの小部屋は物置

kuchino12.jpg
戦後もしばらくは使われていたのだろう

kuchino13.jpg

kuchino17.jpg
なぜか穴が開いており、夕日が入る

kuchino08.jpg
穴に落ちないように注意しながらコウモリの巣を目指して進もう

kuchino16.jpg
水が溜まっており、泳がない限りは進めそうにない
コウモリがたくさん冬眠している

kuchino09.jpg
この鉄棒で橋を作って渡った人もいたんだよなぁ

kuchino10.jpg
第一洞の探索はこの程度にして、次の場所へ向かおう



kuchino201.jpg
斜面を上がったところにある第二洞

kuchino202.jpg
旧口野隧道とは関係ないただの石丁場(だとこの時は思っていた)

kuchino204.jpg
残留物は第一洞より少ない

kuchino205.jpg
見所は天井から垂れ下がっている植物の根だけ

kuchino206.jpg
湿気が多いらしく、カビている

kuchino203.jpg
崩落もあるので、若干危険
さっさと出よう


つづく
関連記事

テーマ : 廃墟系
ジャンル : 写真

コメント

非公開コメント
プロフィール

HiRo

Author:HiRo
ハぃキょばっヵィッてるトこンなヵヲになりますょマヂデ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。