FC2ブログ

代々木会館ペントハウス探索(中編)

ついに「あの場所」へ・・・

YOYOGIKAIK12.jpg
階段を上がり「傷だらけの天使」ペントハウスに入ります
ここが夢にまで見た・・・

YOYOGIKAIK17.jpg
ゴミ屋敷でした・・・

YOYOGIKAIK18.jpg
手前の部屋、右側の壁に萩原健一と書いてあるので「傷天」の聖地は間違いないようです

YOYOGIKAIK19.jpg
昭和51年(1976年)1月3日、正月休みを利用して参上!!
この頃にはもう荒れ始めていたのかもしれません

YOYOGIKAIK20.jpg
ゴミの山
さすがに何が入っているかまでは調べませんでした

YOYOGIKAIK16.jpg
反対側の壁、この謎の象形文字は健全な当ブログに載せてもいいんすかね?

YOYOGIKAIK21.jpg
先に進んで一番奥(駅側)の部屋です

YOYOGIKAIK32.jpg
テレビが古い

YOYOGIKAIK23.jpg
さらに右を見るとベッドとピッタンコ(ネズミ捕りモチ)

YOYOGIKAIK30.jpg
逆に左を見ると衣装ケースが倒れています
前回の屋上から下りるときに見えた「亨」の字がある場所になります

YOYOGIKAIK31.jpg
2004年の探索者から3年足らずの間にも崩壊が進んで、窓が倒れてしまいました
この木は代々木駅のホームから見えるやつですね
大都会の中の思いがけない緑に癒されたサラリーマンも多いのでしょう

YOYOGIKAIKAN03.jpg
部屋には雑誌や書籍が残されています

YOYOGIKAIK29.jpg
意外と面白そう

YOYOGIKAIK28.jpg
なぜ2006年5月号のコンプティークが・・・
わざわざ訪問者が持参してここに投棄したのでしょうか?
廃墟にはよく「小さな謎」が発生します

YOYOGIKAIK24.jpg
その他の残留物
ファンヒーターでしょうか?
文字が潰れててよくわかりませんが

YOYOGIKAIKAN02.jpg
カセット カラー TV と書いてあったので検索すると似たような機種が出ました

SONYトリニトロン カセットカラー(1974年)
1968年に完成したカラー再生技術のトリニトロン方式は、
世界的な発明として海外メーカーへ衝撃を与えました。

とのこと、もしかしてドラマ当時の頃の物かな?骨董品ですね

YOYOGIKAIKAN01.jpg

YOYOGIKAIKAN06.jpg
東日本大震災でペントハウスが崩落してしまい
玄関の黄色い壁が駅から見えるようになりましたね

YOYOGIKAIK14.jpg
玄関の扉にポスターが張ってありました
士道館の道場として使われていた頃のものでしょう

YOYOGIKAIK27.jpg
窓から見える景色は最高です
ここに住んで電車の音で目覚めてトマトを食べる生活をしたい

YOYOGIKAIKAN05.jpg
景色も堪能したし、そろそろ帰りましょう

YOYOGIKAIK13.jpg
ちょうど出たところでオレンジ色の電車が来ました
「傷だらけの天使」第一話「宝石泥棒に子守唄を」の冒頭を彷彿とさせます

11:12 25分でペントハウスの探索を完了

続く
関連記事

テーマ : 廃墟系
ジャンル : 写真

コメント

非公開コメント
プロフィール

HiRo

Author:HiRo
ハぃキょばっヵィッてるトこンなヵヲになりますょマヂデ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR